■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2元ショップ

2元ショップ



日本の100円ショップに当たるのが2元ショップ。品数は少ないが、日本円で、30円。




 不屈の前畑さんとデパートを出て、通りの脇にある2元ショップに行った。日本の100円ショップに当たるものが中国では2元ショップだ。それ専用に店内の改装をした風でもない。何の飾りっ気もない部屋に段ボールを並べて売っている。店の前には「2元なんとか」と横断幕で表示している程度だ。露天が建物の中にそのまま入ったという感じだ。2元なので、30円ショップということになる。日本の100円ショップほど、品数は多くないが、台所用品を中心にいろいろ売っている。


日本の100円ショップはほんとにすごい。これで儲かるのかと思うぐらいの値段でいいものを売っている。しかし、それらは中国で、30円で売れるものを日本に持ってきて100円で売っていると考えれば、結構儲かっているということになる。こんなに安く買うのが申し訳ないように思ったこともあったが、そんなことは絶対ないのである。


日本の100円ショップでは入り口で買い物かごを取って、あれこれ見ながら一回りしてレジーに行くと結局1000円以上の買い物をしていることに気づくのが常である。

それで私は最近は買い物かごを持たないことにしている。そうすると、店内を見回りながらも、目的のもの以外はあとで買おうと思って、商品を取らない。結局は両手で持てるだけのほんとに必要な品物を持ってレジに行くことになる。そうすると、4~500円ぐらいの買い物で済む。結局は取らなかった品物は当面は必要ないものであり、レジで支払う頃は何を買おうとしていたかさえも忘れてしまっている。


日本の100円ショップに置いてある品物を見ていると、いろいろ工夫してあることに感心する。そして、さらにこれをこう使ったりとか、こんなふうにすれば、もっといいのにとか、いろいろなアイディアが浮かんでくる。生活の工夫や工作が大好きな私にとっては100円ショップは夢とロマンの広がる空間であり、創造性を育む場所だ。


たとえば、すばらしい映画を4~500円で見に行き、堪能した上で、私にとって、ほんとに必要なものをおまけでもらえる場所、それが私の100円ショップなのだ。


私が、2元ショップで買ったものは小さなクリップだ。普段はマナーモードでも着信が分かるように 携帯を肌身に密着したズボンの後ろポケットに入れて持ち歩いている。だが、スルスルするので、いつ落ちるか不安である。だから、超小型で、きちんとポケットの縁にかみつき、しかもはずしやすいクルップを常々探していた。あちこちの100円ショップはもちろん、いろいろな店で探し、実際に使ってみたが、どこも機能的にイマイチものばかりであった。ところが、かっこうはよくないが機能的には理想的なものがあったのだ。それを1セット買った。何の特別の工夫もない品物なのだがそんなピッタリのものは日本では探せなかった。


今では一度開けた食品のポリ袋の開け口の密封など、10固クリップ(うち、一つは壊れた)は今でも役立っている。(写真は後ほど)。


 



   お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 

スポンサーサイト


滄州での体験 | 08:22:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-09-20 水 23:12:51 | | [編集]
中国事情は政治の世界しか報道されないので、何時も興味深く読んでいます。
2006-09-19 火 23:15:01 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。