■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フルス

フルス



「フルス」を手にした硝君、「フルス」は実に心温まる音色だ




 滄州へ行って2回目の日曜日、不思議な笛の音で目が覚めた。


何とも中国的な旋律で、フルートやリコーダーより、まろやかで奥の深い響きがする。温かくほのぼのとした気持ちにさせてくれる響きだ。これは一体なんだろうと、聞こえる方の窓の外を見回したが、何にも見当たらない。きっと、何かの物売りの笛の音だろうと思ってはみたが、それにしてはもっと引きつける芸術的な響きがする。これを吹いている人はきっと達人だと思い、外に出て、それを確かめるべく、玄関ホールに降りた。そこにいた研修生に聞くと、それは硝さんですよと、なんと、同じ棟の1階の部屋に案内してくれた。そこにはまさしく、硝さんが笛を吹いている姿があった。そしてそれは今までに見たこともない奇妙奇天烈な笛であった。


硝君は、日本語が上達しなくて残された補習科の中でも下手な方だ。しかし、みんなから硝さん硝さん、と慕われている。研修生の間では何かに秀でた人は尊敬される。たとえば、料理、絵、歌………など。そしてみんな、何かを得意とし、それを自信の糧としている。君は実に温和な人だが、サーカスが得意だと聞いていた。サーカスは中国語では雑伎というのだろうと聞いても、違う。サーカスが上手なのだ。サーカスと雑伎は違うと言う。だから、硝君は尊敬されているのだ。サーカスの得意な硝君が楽器まで得意とは、……と、更に驚いた。


「フルス」は簡単に言えば縦笛だが、何と歌口(吹くところ)はひょうたんでできている。たしかに、こうすれば豊かな響きが出そうだ。でも、おもしろ半分に硝君が取り付けたのだろうと思ったが、よく見せてもらうと、ひょうたん部分はプラスチックでできており、フルスと、なにやらむずかしい字体の漢字で浮き彫り風に書いてある。まさしくこれは立派な既製の楽器だ。ちょっと吹かせてもらったが、私が吹いても、何とも豊かな音がする。


後で、ギターを習っている楽器屋さんで見たら、同じような楽器が大小幾種類か並んでいる。そして、教則本まで、置いてある。 何と魅力的な楽器だろう。大した値段でもないので、買おうかな、と思ったが、止めておいた。どうせ、買って帰っても吹けるようになるはずがないし、小波に「また買ってきた」と、笑われるだけだ。


後に、インターネットで調べたフルスの説明はこうである。


中国雲南省の少数民族に伝わる、ひょうたんと竹を使って作られたユニークなたて笛です。真ん中に太い管、両側には単音竹という2本の管があります。単音竹には管をふさぐ蓋がついており、その蓋を着脱することによって、実に多様な和音を楽しむことができます。吹き口には銅製のリードがついています。日本の雅楽に通じる、独特な響きの多重音を奏でます。今、中国全土で大人気の楽器です。」




      お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 

スポンサーサイト


滄州での体験 | 09:02:33 | Trackback(0) | Comments(16)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-09-21 金 22:07:27 | | [編集]
フルス
私のブログにお訪ねくださいまして、コメントありがとうございます。
フールースー(フルス)が中国でそんなにポピュラーな楽器とは
初めて知りました。

雅楽の笙のような音色かと想像していたら、もっと柔らかく太く
大きな音色だったのにおどろきました♪♪♪

私に聴かせてくださった友人JPさんにもこちらのブログを紹介して
おきます♪
2010-08-03 火 10:28:07 | URL | wakko-chan4288 [編集]
Re: はじめまして
> はじめまして。
> 東京都在住の こすもす と申します。
> フルスの音色に惹かれ独学というか自己流で簡単な曲を吹いたりして楽しんでいます。 東京にも支部があるのですか?
> どのような活動をされているのでしょうか?
> 日本フルス普及会のフルス通信 読みたいです。
> ぜひお仲間に入れてくださいませんか?
> よろしくお願いいたします。

忠野小路(ただのおじ)です。
ほんとにフルスの音色はいいですよね。
コメントありがとうございます。
東京支部の支部長さんをすぐに紹介しましょう。
フルス通信もお送りします。
2009-10-30 金 22:38:18 | URL | tadanooji [編集]
はじめまして
はじめまして。
東京都在住の こすもす と申します。
フルスの音色に惹かれ独学というか自己流で簡単な曲を吹いたりして楽しんでいます。 東京にも支部があるのですか?
どのような活動をされているのでしょうか?
日本フルス普及会のフルス通信 読みたいです。
ぜひお仲間に入れてくださいませんか?
よろしくお願いいたします。
2009-10-30 金 21:30:16 | URL | こすもす [編集]
こんばんわ
コメントありがとうございます!
フルスをどんどん楽しめるように
いろいろ教えてくださいね。
2009-10-05 月 19:33:29 | URL | 松本 有利子 [編集]
Re: フルスって言うんですね
> 忠野小路さま
> 私が滄州に住んで、かれこれ1年になります。
> 前回嫁が滄州に遊びに来たときに娘へのお土産としてフルスを買っていきました。
> そのときはフルスという名前は知りませんでしたが・・・。
> なんだか名前がわかって楽器が日本でも普及しているのを知ると自分も
> 吹いてみたくなりますね。
> 今度買って挑戦してみます!!
> 滄州でもフルスを教えてくれるところがあるかどうかは地元の子達に聞いてみます。

忠野小路です。
ぜひ、フルスを始めてください。すごく音色がいいですよ。滄州在住の日本人はいらっしゃらないかと思っていました。私は「文化センター?」横の楽器店でフルスを求めました。滄州ではほかに楽器店を見つけることができませんでした。中国人先生に聞いてもわかりませんでした。でも、かなり普及しているので、先生の一人や二人はおられるはずです。
2009-09-01 火 14:57:01 | URL | tadanooji [編集]
Re: タイトルなし
> どうもこんばんは~。先日は、コメントありがとうございます。
> どちらのサイトも拝見させていただきました!
> フルスをやっている方が、日本にこんなにたくさんいるとはっ!!
> 身体に響き渡るような音が大好きで…どこか温かみがあっていい音ですよね。
> 私も早く一曲吹けるようになりたいものです。

忠野小路(ただのおじ)です。
ほんとにフルスの音はいい音です。この記事に書いているように、その音色に魅せられてフルスの普及を図る活動を始め、「日本フルス普及会」を発足させました。現在、8都道府県に支部ができました。
いま、フルスのブームが始まりつつありますが、まだ、「夜明け前」という感じです。ほんとにいい音ですから、必ず日本で普及するはずです。もうすこし、動き始めたらホームページを立ち上げる予定です。ご希望であれば、最近の「フルス通信」をお送りします。
2009-09-01 火 14:31:57 | URL | tadanooji [編集]
Re: フルス大好き
> フルス知っている人は本当に少ないですよね。
> 私も最近フルスを始めたばかりですが情報が少なくてさみしい想いをしています。 フルスは形も面白いし、音も中国たしい音がして大好きです。

フルスケ様
忠野小路(ただのおじ)です。
コメントありがとうございました。
最近のフルス通信をお送りしますので、メールアドレスを教えてください。
日本フルス普及会の支部は現在8都府県にあります。
どんどん増えています。
2009-08-25 火 23:36:55 | URL | tadanooji [編集]
フルス大好き
フルス知っている人は本当に少ないですよね。
私も最近フルスを始めたばかりですが情報が少なくてさみしい想いをしています。 フルスは形も面白いし、音も中国たしい音がして大好きです。
2009-08-25 火 23:24:20 | URL | フルスケ [編集]
葫芦絲!
コメントありがとうございました!

こちらのブログにうかがって、下記のRINさまも「美麗的金孔雀」を演奏されたと知り、嬉しくなりました!
この曲は少ないレパートリーの一つです。

なんともいえず素朴で柔らかい音色に惹かれますよね。
9月の仲間とのライブでは私が葫芦絲を知ったきっかけになる曲を
三人の奏者で葫芦絲を演奏します。

音域を広げるために鍵(key)をつけたものや、
瓢箪部分の素材を「玉」「景徳鎮」「プラスチック」「竹」「木」などで型どったものが
昨秋・一昨秋の国際楽器博覧会(上海)でたくさん展示されておりました。
・・・私は瓢箪製のふつうの葫芦絲が好きですね。
2009-08-14 金 19:52:33 | URL | bang-D1号 [編集]
一緒にフルスを
忠野小路です。
あいこぼん様
まずは最近の日本フルス普及会の「フルス通信」をお送りします。最近の流れを知ってぜひ、フルスを一緒に楽しみましょう。
2009-08-14 金 14:57:36 | URL | 忠野小路(ただのおじ) [編集]
ふるすについて
如月さんからコンタクトありましたあいこぽん♪です。
ふるすいいですよね。
最近はやっておりませんが,色々知っているかたとやっていければと思っています。
今は東京在住です。
2009-08-14 金 13:07:36 | URL | あいこぽん♪ [編集]
フルスの音色って落ち着きますよね。
フルスって名前もなんか可愛らしくて、今惚れかけてます。
ひょうたんに竹ってのもなかなかユニークですよね
フルスを知ってる人が居て安心しました。

ブログにコメントありがとうございました!
2009-08-12 水 05:43:22 | URL | リョウマ [編集]
コメントありがとうございますッ!
なんかフルスって言っても
「なにそれぇ?」って言われることが
多くて・・・

フルスを知ってる人に
出会えて!ホントに感激しました!

フルスの音って
たしかにまろやかですよねぇ~☆

私は「美麗的金孔雀」という曲を
フルスで演奏しました☆

先生がいうには少数民族のフルスメインの曲だとか♪
私もフルスの音が大好きです☆

私の学校ってめずらしい学校なので
他にも中国の民族楽器

筝、二胡、中胡、高胡、ベース、笙、太鼓、琵琶、柳琴、阮・・
などの楽器を演奏しています。

ホント変わった学校です(笑
2009-06-10 水 18:39:31 | URL | RIN [編集]
フスル
私は王と申します。フルスを覚えたいなら私はある程度お教えしたいなあと思います。基本から演奏までの技法、数字音譜などを教えますので。覚えたい方ならご連絡ください。私は少数民族の地域貴州省出身で雲南省生活して、そのあと日本に来ました。東京に住んでるなら私と一緒にフルスを練習したりしてできますので。すばらし音色をみんな聞かせればいいなあっと!王
2009-03-04 水 21:25:26 | URL | wang shan [編集]
音が出ても同じなんですぅ
買ったはいいのですが、指使いや音階が分からず、ちんぷんかんぷん
です。
音は癒されますね。とっても残念ですが、早く音階覚えたいです。
先生ご指導よろしくお願いします。
2008-04-04 金 14:50:31 | URL | 星ママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。