■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バスに乗った

バスに乗った



路線にもよるがマイクロバス大の大きさ。乗ったらすぐ、右横のボックスに1元を入れる。


 




 


外国の街で外国人が一番手軽に乗れる乗り物は地下鉄である。しかし、この程度の街では地下鉄はない。


大都市ではとうてい無理だが、この程度の街ではバスが最も手軽な交通手段となる。ただし、街の概要と、バスの路線図がないと乗れない。滄州外経の本社の近くにある新華書店のレジで頼むと、後ろから筒状に巻いた市内地図を出してくれる。これで、市内の様子と、17の路線がすぐ分かる。書架には置いてないので要注意だ。


新華書店は政府関係の書店らしい。この町ではその他に本屋さんはあまり見かけない。街角のキヨスクや、国鉄の構内で雑誌を売っているのを見かけた。あとは図書館の前の露天、地べたに並べた路上露天の古本ぐらいである。一方CD,DVDビデオ屋さんは街中あちこちで見かける。


 バスは5分も待てば来るので、待つことのストレスはない。都会の地下鉄並みだ。 バスの乗り方は日本とあまり変わらない。バス停で待ち、目的のバスが来ると前に進み、乗る。遠慮しないで、手を挙げればなおよい。大事なことは乗ったらすぐに1元(15円)を備え付けの箱に入れることだ。1元がなければ2元でも10元でもよい。ただし、返してはもらえない。 降りるときには誰かのあとに続いて降りればいいが、降りたい場所で誰も降りないようだったら、咳払いでもして、ちょっと大きな足音を立て、ドアの前に立つ。そうすると、運転手が気づいて、止めてくれる。降りるとき何と言えばいいか分からない私のやり方だ。


バスは1元(15円)あればどこまででも行けるし、必ず市の中心地を通るので、非常に便利な交通手段だ。在任中 17路線の全部に乗りたいと思ったが、実際始発から終点まで乗ったのは1つだけだ。今度滄州に行くときの楽しみに残している。




     お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 

スポンサーサイト


滄州での体験 | 10:36:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。