■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
街は交通博物館

街は交通博物館



練炭を運ぶ荷馬車。 用途は限られるが、荷馬車はあちこちで見かける。



これでも動くのか、と思われるような車が実際に動いている。



電動自転車は快適。日本の電動自転車と違って、人力(ペダル)は補助動力だ。


 




滄州の街には日本では考えられないような古い車や三輪人力車、馬車などが走っている。かと思えば、最新型の日本製高級車、スイスイと走る電動自転車………。日本で言えば昭和20年代から現代まで、全ての車が走っている。まるで、に街全体が動く交通博物館だ。


特に、電動自転車の普及はめざましい。もともと、街全体に高低差がほとんどないが、音もなくスイスイと走る人たちはこの町ではちょっとハイクラスな人たちだ。ここでは新車が2万円以下で手に入る。持って帰りたいぐらいだが日本では交通法規上乗れないはずだ。もちろん、こちらの給料からすれば、そう安いものではないが、私が買った携帯電話と同じぐらいといえば安く思える。


滄州外経に勤務する3人の中国人老師は会社からよく仕事をし、功績があったとして電動自転車をもらっている。それが、日本で言うボーナスの全てかどうかは知らない。でも、老師たちは会社とセンターの移動の際に使うなど、実際、仕事上でも使っているし、大変頭のいいやり方だと思う。もちろん老師もそれ以上に通勤等に助かってはずだが




    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 

スポンサーサイト


滄州での体験 | 20:00:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。