■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
花火




 

20080207No(099).jpg

大晦日、南昌の街のあちこちから花火が上がる


P1080397.jpg

花火の正体はこれ。
ビールケースのような仕組みで中に花火が何本もセットされている。
薄紙を破り、導火線に火をつけるだけで次々にバラエティに富んだ花火が上がる。


P1080443.jpg

路上に花火の段ボール箱を何箱もおいて順次火をつける。
大量の場合は業者が来るが、少ない場合は素人でもやっている。


P1080441.jpg

一度火をつけると自動的に次々に打ちあがる。


P1080448.jpg

手軽な割には結構豪華な花火だ。


 「大晦日の晩は花火がとてもうるさくて、眠れませんよ。」と、唐先生が言った。「毎晩列車の音で、鍛えられているので、大丈夫ですよ。」と、言ったもののやっぱりすごかった。花火に加え、爆竹の音もあちこちで聞こえる。


 上の写真の多くは昨年の正月終わりの小正月の時、滄州で撮ったものだが、打ち上げ花火が、手軽にできるようになっている。


 日本の花火大会で、見かける超大型のものは別として、これも結構華やかで、きれいだ。おそらく、日本ではこのような花火は一般で扱うことはできないだろうが、そこは中国である。


 花火は結局朝まで、と言うより、次の日(正月当日)の真夜中まで、ぶっ続けで、上がっていた。もちろん昼は爆竹中心だ。さすが、その翌日の夜明け前は上がらなかったが、夜明けと共にまた爆竹がなり始めた。


 花火と爆竹は中国の正月には欠かすことができない風物だ

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:54:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。