■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長崎精霊流し



P1140713.jpg

暴力団の凶弾に倒れた故長崎市長の精霊船

 

P1140718.jpg

精霊流しの行列に参加する人たち



P114027.jpg

海辺まで行くと主要な部品を取り外す。


P1140731.jpg

解体されて、処分される。



 長崎の精霊流しは8月15日に行われる。全国的には鐘楼流しと言うところが多いが、長崎では精霊流しである。
 精霊流しとあるので、長崎でも川に精霊舟を流すのかと思っていたら大間違い。だいたい、長崎には舟を浮かべて流せるような川はないのである


 それで、海端まで、持っていって流していたのだと思う。それが、その持っていく過程を大事にし、行列となったのだのだろう。そうすると、だんだん大きく、派手にすることを張り合うようになり、現在の山車の様式になったのだと思う。


 山車は町内ごと、会社ごと、親族ごとなどで作られる。
現在では大きさ制限があって、一定の長さ以上のものは作れないようになっている。それでもやっぱり、大きく作りたいのだろう。2連の山車を作るところが多い。


 この年は流れの中に故長崎市長の精霊舟があった。暴力団の凶弾に倒れたのだ。長崎では前にも市長が右翼の凶弾に倒れた事件があった。言論を暴力で封殺するのは悲しいことだ。現在、第1審で死刑の判決を受けている。

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:32:03 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-29 日 12:05:09 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。