■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チンタオってどこ?

チンタオってどこ?


20060706182857.gif


青島は南の島かと思っていた


 




 


 チンタオへ行かないかと電話がかかってきた。しかし、チンタオについてはほとんど知識がなかった。知っていたことはチンタオは青島と書くということと、青島ビールが有名だと言うことだ。そして、実は青島は南の方にある島のというイメージを持っていた。ところが前畑さんとの電話の中で、黄海や遼東半島、山東半島そして渤海湾などと話が出てくるものだからこれはちょっとちがうな、と思った。その後インターネットで調べたところ上の地図のところだった。そして、青島は一時ドイツの支配下にありヨーロッパ風の建物が並ぶ風光明媚な街だそうだ。さらに、中国で急激に発展している沿岸部の都市の一つで、日本企業も多数進出しているそうだ。青島ビールは中国ではもっとも有名なビールだが、実はドイツの統治時代から培われた技術で作っているのだそうだ。なるほど、と納得できた。


 更に驚いたことには福岡空港からほぼ毎日定期便が飛んでいると言うこと。福岡から毎日定期的に飛ぶ定期便がある町は北京、大連、上海ぐらいだろうと思う。九州からは手軽に行ける街なのだ。九州に住む私が、そんなに身近な街であることを知らなかったのを恥ずかしく思う。


ところで、友達何人かに青島のことを話したら、やっぱり、南の方にある島だろう、と言った。おそらく九州ではかなりの人がそう思っているのではないかと思う。というのは九州の南の方に青島(あおしま)というところがある。宮崎県の南国情緒あふれる観光地だ。また、中国の海岸線で、いちばん南にあたるところ、ベトナムに接するところに海南島という島があり、青島がどうもそこのイメージとダブるのだ。だから青島というとそちらを連想してしまう。全国の皆さんはどうなんだろう。


九州育ちの私はちょっと緯度が高いので、寒さがちょっと心配だが、魅力のある街だ。  


 



このブログの中で、中国の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。
スポンサーサイト


滄州へ行くまで | 12:47:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。