■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
登山口の町、日隆




 四川大地震で亡くなられたたくさんの方々のご冥福を祈るとともに、被害を受けられた方々および、その地域が一刻も早く復興されることを心からお祈りいたします。



 大姑娘山登山口の町、日隆。いつまでも豊かな緑と水に豊かな人情に恵まれた平和な町のはずだったが………。ここに住んでいる人たちは今はどうしているだろう。町の様子はどうなっただろうか。食料は?けが人の治療は?4500メートルの峠を越えて救援隊は来たのだろうか。どうしようもない思いはつのる。

 

RIMG11835.jpg

以前は宿泊施設も何もなかった村に大姑娘山ブームに乗ってにぎやかになっていく。

 

 

RIMG12257.jpg

日隆の村一番の交差点。豚が戯れている。

 

RIMG12248.jpg

新しくホテルが建てられている。
1階は鉄筋コンクリートの柱で支えるが2階は切石積みの壁造りだ。

 

RIMG12241.jpg

村唯一の小学校。12日月曜日の3時前は授業中だったはず。
逃げられただろうか。

 

RIMG12202.jpg

高地順応のための登山で出会った親子。男の子は、助かっていたら7歳ぐらいのはず。
下に見えるのは日隆の町。この明日からは向かい側の山に登った。

RIMG11838.jpg

笑顔のすてきな村長さんの奥さん。元気でいてくださいと、祈るばかり。
この家(ホテル)に泊まった。


 

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:35:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。