■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ギターを買った(2)

ギターを買った(2)



 海岸線のでこぼこが多い九州。津々浦々を走ると通常の日本一周より距離がある。


 



ギターを買ったのには訳がある。

 


伊能忠敬を人生の師として仰ぐ私は彼のような生き方をしたいと思う。日本地図を作るような大きなことはできないけれど、彼のまねをするぐらいのことはできると思う。そこで、時間がゆっくりとれるようになったら日本一周をしたいと考えてきた。


その手始めとして、妻の小波(おば)と一緒に九州一周をした。それも、2周したのだ。1周目は世界で1番長い駅伝競走といわれる西日本新聞主催の九州一周駅伝と似たような主な国道を結ぶコースだ。1070kmの距離を土日を利用して、1年間で走った。次は九州津々浦々の海岸線を走った。これは4000km以上、5年ぐらいかかった。橋が架かっている島も1周した。中にはその島から更に橋が架かっていることもある。とにかく、走れるところは津々浦々走ったのである。


私の街は九州の真ん中近くにある。だから、九州の80%の地域は3時間以内で行ける。もし、宮崎や長崎の人が同じようなことをしたら大変だったろう。


やり方はこうだ。まず、スタートとゴールは長崎と決めていた。それ以外の時は天候や季節によって走り始める場所は変える。走った道を塗りつぶし、最終的には全コースを塗りつぶして長崎にゴールするのだ駅伝だから私と小波が交互に走る。私から走り始めたとすると、小波が5kmぐらい先に、車で先回りして、待っておく。そして、そこから先の5kmを小波が走る。その繰り返しである。


2日連続の時は車の中に寝る。そうして、翌朝から走る。ジョギングペースで、走ると、1kmを約6分である。そうすると1時間で10km、5時間走って、50kmである。実際一人が走るのはその半分で、休み休み、そして、誰と競走するわけでもないので、比較的楽だ


今までは九州しか走れなかったが、ゆっくりなったら、日本一周でも十分可能だ。そして、今まではできなかったが、時には地域の方との交流をしながらできる。その時、ギターが役に立つのだ。


そんなことを夢見ながら、ギターの練習をしている。 




 このブログの中で、 滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。   




 

スポンサーサイト


滄州での体験 | 10:32:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。