■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エレベーター






20080129No(037).jpg

エレベーターの近くにある非常階段。いつもは、誰も使っていないのだが………。




20080310No(020).jpg

アパートの最上階(18階)にある保育園。もっぱら、室内遊びだ。



 雪が降った日は朝から停電だった。中国では停電はときにあることだから、あまり驚かない。


 この日はアパートのエレベーターも止まった。
仕方なく、非常階段を歩いて降りた。のぼってくる人にも会った。下りだからいいものの、上りは大変だろうと思った。でも、最近は運動不足なので、帰りは停電でなくても、歩いてのぼろうかなどと思いながら、降りて行った。


 1階ロビーまで降りたら小さい子ども連れのお母さん達がたくさんいた。


 実はアパートの18階に保育園がある。
朝の時間、私は13階から1階まで下り、お母さん達は1階から18階まで、上るので、ロビー近くで少しすれ違う程度で、気づかなかったが、毎日、こんなにたくさんの人が出入りしていたのだ。 あの人達はどうやって上って行っただろう。


 センターも、やはり、停電だった。聞くと、揚子江より南の部分のかなり広い地域で雪が降り、被害も出ていると言うことだった。停電もその関係だったのだ。50年ぶりの、寒波を少し実感した。


 帰りはエレベーターは動いていた。
風邪がまだよくなっていないので………、」と、やっぱり文明の恩恵を受けることにした。
スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:58:31 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-07 土 07:09:48 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。