■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬の風物詩??
 南昌における2008年1月の大寒波の体験を書き始めたところ、四川大地震のニュースが飛び込んできたので、その震源地のブンセン県に行ったときの写真を紹介し、犠牲者のご冥福を祈ってきた。
 被災者の方々の今後のご安全とご多幸を祈って、ここで本来の記事に戻る。



20080128No(008).jpg


このあたりの冬の風物詩????
路面も凍結

20080126No(005).jpg

これでは重たい。枝が垂れ下がるわけだ。

20080201No(048).jpg

欠席者も目立つが、自分たちで面接面接形式で会話練習




 道を渡ったところの木を見ると、木の枝が、折れんばかりにたれ下がっている。  よく見ると、木の枝にいっぱい氷が着いていて、その重みで、垂れ下がっているのだ。


 雪は降らなかったが、水分が木に付着して氷となったようだ。 と言うことは、朝方の気温は0℃にはならなかったが、それ以前に冷え込んでいて、 冷え切った木の枝に発生した霧が付着したのだろう。


 ともかく、これはこのあたりの冬の風物だ。やっぱり、九州の冬より寒いのだなと自分で納得した気分になってセンターに行った。


 ところが、黄先生は「こんな光景は初めて見た。バスが来ないので、1時間かけて歩いてきた。歩く人はみんな転んでいる。私も1回転んだ。」と、一気に話した。

 センターには研修生が半分ぐらいしか来ていなかった。
ここは郊外の農村部から1時間以上かけて来る者が多く、バスが動かなくて、遅れているらしい。
これでは授業にはならない。

 実は私は熱もずいぶん引いたし、のどの痛みも鼻水もずいぶんよくなったが、今度は声がかすれて出なくなっていた

 そこで、これ幸いに今日ばかりはしゃべるのを極力減らして、自主練習をさせることにした。

 1日中の欠席者もいたが、研修生達が大体そろったのは昼頃だった。

 思えばこれが寒波の第一波だった。

 

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:19:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。