■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
100回生まれ変わっても

20090722 (2)

今回の皆既日食は見られる地域のが広いという。
真ん中の3本の線の内側が皆既日食が見られるところ。南昌も見られそう。
その外側の幅の広い帯の地帯が部分日食が見られるところ。なるほど、大規模だ。

 皆既日食は世界中では3.5年に1回ぐらい起こっているという。ただ、一人の人が同じところにいて一生に見る確率はきわめて少ないという。

 
 過去100年のうち、日本で皆既日食が見られたのは3回である。それも北海道が2回と与那国島が1回で、しかも、その中でも細い帯状の地域である。

 
 
 だから、私がこの九州の地で生まれ変わって住んだとしたら、おそらく100回生まれ変わっても見ることができないであろう

 

 
 今回の皆既日食はきわめて規模が大きく、帯の幅も長さも最大級だと言う。
しかも図のようにその帯が中国の人口密集地帯を通っているので
有史以来最も多数の人が見ることができる皆既日食だという。


それ故に私は今回の皆既日食に大いに期待している。

時間のある方は皆既日食の動画をおたのしみください。周りが暗くなっている様子が分かります。
ここ
http://jp.youtube.com/watch?v=lx1civq5KWQ
をクリック。

 

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:34:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。