■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
補修 1

20080326No(033)a.jpg

街角で、繕いをする補修屋さん。手に持っている糸の固まりから適当な色を選んで、
あっという間にきれいに補修する。

 

 研修項目が縫製や補修という研修生がいる。縫製はミシンを使って縫い物をする研修生だが、補修は手縫いの技術を持った研修生だ。


 南昌の街のもっとも目抜き通りである中山路のあちこちにおばさんが座って、なにやらいろいろな色の糸が絡み合った固まりを手にして糸を選び出している光景を見かける。


 何だろうと思って旅行学校の日本語教師西川さんに聞いたらあれは服のほころびを直す仕事をしているのだと言う。そして、西川さんは日本から来るとき、穴の空いたセーターやほころびた服を持ってきて直してもらうと言う。大きさによって違うが、2~3元で実に上手になおしてくれるそうだ。


 あの糸の絡まりは、どこかの織物工場から余った糸くずを分けてもらったのに違いない。


 補修の研修生達はもし、日本研修に行かなければ、仕事がないときは田舎から出てきて、あそこに座って、現金収入を得るおばさんになるような人だったのだ。ところが今や、研修生となってレディになる道を選んだのだ。


スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:03:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。