■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チャイニーズドリーム


20080312No(015).jpg

日本語の研修はすべて終わった。研修生たちの心は躍る。

 

20080312No(013).jpg

渡航用のスーツケースをもらった。出発日にこれに25キロ以内の荷物を入れてくる。





 上海にすら行ったことのない若者が日本へ行く決断をすることができる のはなぜか。


 研修に行く人たちは地域的に偏りがある。ある村では若者が、ごっそりと研修に行くことを希望する。


 しかし、研修に行くことができるのは職種が決まっており、一定の職業経験が必要である。しかも、選抜試験があるのでだれでも行けるわけではない。

 


 そのような村では研修から帰ってきた人の話題が広がっている。


 20歳そこそこの若者が、家を何軒も建てるようなお金を持って帰ったという。それはまさにチャイニーズドリームである。そんな話を耳にしたり、実際に家を建てるのを目にしたりして、自分も行きたいという気持ちが高まる。

 

 しかも、そういう人たちは口々に「日本は楽しかった。」「日本人は優しい。」 「できれば、もう一度行きたい。」と言うのだ。



 これが、上海にすら行ったことのない若者をはるばる海を越えて日本まで行く気にさせるもとであり、親も安心して送り出すことができる理由なのだ。

 

 しかし、研修に行くためには一定の資金と保証金が必要だ。親はそのお金を何とか工面し研修に送り出す。研修には親の大きな期待もかかっているのだ

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:47:48 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-11 日 09:25:49 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。