■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
開放トイレ反対!!!

20080226No(001).jpg


会社のトイレは扉付きだ。滅多に利用することはないが、もしものことを考えると………。

20080126No(013).jpg

 

「ちゃんとした食堂」のトイレ。向こうは小便器。こちらは大便器。向こうを向いて用を足す。
基本的には小便器と大便器は同じレベルの生理現象処理器。

20080223No(080).jpg

「ちゃんとした市の施設」の大便用トイレ。清掃も一般的なところより行き届いている。
定期的に水が流れる。単純な構造で合理的だが………。

 

 会社のトイレは扉付きで安心した。しかし、まだまだ中国では扉のないトイレは一般的だ。

 日本では家の造りにより、プライバシーが守られなかった長い歴史の中からトイレを唯一の個人の精神を落ち着かせ、また発揚させる空間としてきた。日本人にとっては、中に入っている人に対しても、中の人からも、声をかけることすらはばかるところであり、トイレの扉はなくてはならない存在なのだ。

 上の食堂のトイレを見て分かるとおり、大便器は男性が小便をするのと同じレベル、すなわち、単なる生理的現象の処理の場であるように思える。特に日本人の男性にとっては小便と大便は大違いであって、扉なしでは開くべき門(肛門)さえも開かなくなるくらいの大問題である。

 
中国の開放経済賛成!! 開放トイレ反対!!

私の意見に賛成の方は下のボタンをポチポチポチ………

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:05:01 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
トイレのことだけでも
ご投稿ありがとうございました。
そして、清き一票ありがとうございました。
本当に中国のトイレは困りますね。
でも、話題には事欠きません。
トイレの実情を報告するだけでも一冊本が書くけそうですね。
2008-04-27 日 21:10:14 | URL | ただのおじ [編集]
ま、参りました!「大・小」同居は初物です。
◆ 中国文化 恐るべし。
私が紹介したモノは、単なる?「大の二連式」でした……。
↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/sanukmark/archive/2008/03/19
2008-04-14 月 22:08:48 | URL | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-03-02 日 12:43:49 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。