■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
飛行機

20080112No(005).jpg

初めは空いていてこれならいけると思ったのだが………

20080112No(006).jpg

上海虹橋空港到着。滑り込みセーフ。

20080112No(007).jpg

一安心。   虹橋空港の搭乗ゲートにて。




 中国の飛行機は遅れるのが当たり前。今までの、経験からそう言える。


 私の住む九州から南昌へ行くには福岡空港から上海の国際空港である浦東空港まで行き、リムジンバスで1時間移動して、国内線専用の虹橋空港から南昌空港へ飛ぶことになる。

 そこで、現地時間で10時半に浦東空港に到着後、十分すぎるぐらいの余裕をとって 虹橋空港から15時55分の南昌行きに乗ることにしていた。


 ところが、10時福岡発の上海浦東空港行きの飛行機は遅れに遅れて12時半発になった。そして、実際は1時過ぎに飛び立ったのだ。そして、上海浦東空港着が現地時間で1時半となった。

 事前に浦東空港での入国手続きの案内パンフレットをもらっていた。
 それによると、「上海浦東空港で、国内線乗り換えの方のための専用乗り換え口を設けました。入国手続きが済んだら左側へ折れて、奥のカウンターに行ってください。そして、所定の手続きを終えたら3階に上ってください。」とある。
その通り左に折れて簡単なパスポートを見せるだけの手続きをして、リムジンバスの無料券をもらい、3階に行くように指示されたので、上って行った。

 
 3階に行ったらたくさんの国内線カウンターがあり、受付をしていた。ここはこの空港から出発する飛行機のためのカウンターのはずだがと、思いながらも、航空会社のカウンターや総合案内所に南昌に行きたいと何度も言うが、たらい回しされるばかり。

 「これはやっぱりおかしい、もしや、3階にリムジンバスの発着所があるのでは」と思い、外に出てみたが、ここから出発するバスはない。

 
 近くの警備員さんに聞いたら、1階の建物外に案内してくれた。 ここはまさしく、上海虹橋空港へのリムジンバスの発着所であり 今、前のバスは出発したばかりであった。パンフレットと係の案内がなければ、直接ここに来ていたはずだ

 
 それまでに、40分ぐらいを費やし、もうすでに虹橋空港出発時刻まで、2時間足らずになっていた。それでも、スムーズに行けば間に合うはずだった。

 
 しかし、ぐずぐずしている余裕はないので、バスの無料券(30元分)はあきらめて、タクシーに乗ることにした。あらかじめ、 警備員さんに聞いていたタクシー代が150元だった。タクシーの運転手さんにいくらかと聞いたら、200元と言った。 150元にしてくれと言ったが、160元だという。こちらが、焦っているのを見透かされているので、 これ以上交渉する余裕はない。160元で、話をまとめ、タクシーのある駐車場まで、歩いた。5分ぐらいだったが、それが 非常に長く感じられた。

 高速道路は空いていた。「これなら行ける!」と思ったとたん混み出した。止まりはしないが、なかなか前へ進まない。

 実はこの飛行機は15分遅れて、16時10分発に変更されていたので、少しの余裕はあったのだが、その余裕すらなくなってきた。

 
 南昌の空港で、待ってくれている黄先生にどうやって連絡を取ろうかと、思っていたとき、運転手の 携帯が鳴った。運転手が話し終わったのでその携帯を借りて 「予定の飛行機に乗れないかもしれない。乗れなかったら空港からもう一度連絡します。」と連絡を取った。

 
 電話が終わったとたん車はスムーズに動き始め、何とか飛行機の出発の時間に間に合った。 でも、出発が15分遅れでなかったら危ういところだった。


 こんなお金は出す必要もない、と思いながらも、電話代といって10元払った。だから結局は170元のタクシー代になった。 150元にしてくれていたら全然惜しくはなかったものだが………。

 虹橋空港で時間を持てあますだろうと思っていたぐらいだったが、とんでもない話だった。 浦東空港での40分の時間のロスがなければ何でもないことだったが………。

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:19:43 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
我慢
よく我慢しているなあと感心します。
2008-02-06 水 20:17:03 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。