■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
江西省南昌へ

南昌地図

南昌は地図の左下、上海から南西に揚子江沿いに下る。
緯度は奄美大島程度。


 私は2008年1月12日からここ江西省の商都、南昌市で新たに日本語教師をしている。少しスタートが遅れたが、これからは現地からの報告である。

 前回の聊城を世話してくれた神戸さんは、その後江西省の南昌で3ヶ月の日本語教師をした。

 その南昌で日本語教師を捜しているのでどうですかというお誘いがあったが
私は次の1月までは行けませんから………と、一応断った。

 でも、1月でもいいですからどうぞ。ということであった。私の場合、実際、4月から9月までは動けないし、この年は特に事情があってどうしても1月までは行けなかったのである。

 私は寒さが苦手なので、冬はあんまり北の方には行きたくない


 初めに行った滄州は冬の気温はマイナス10℃ぐらいになる。次に行った聊城は200?ぐらい南に下るので少しは暖かいのかなと思ったが、3月なのに結構厳しかった。

 だから、もっと南の暖かいところに行きたいと思っていたので好都合であった。
南昌は日本で言うと奄美大島ぐらいの緯度になる。だから、冬でも暖かいはずだ。そんなことで、期待に胸をふくらませながら、1月になるのを待っていた。

 ところが、某中国通の知人が言った。「中国で一番寒いところは揚子江の南あたりだ。それは暖房設備が整っていいないからである。」そして続けてまた言った。一番暑いのも揚子江の南あたりだ。夏は電線に止まっている雀が落ちるくらいだという。」

 南昌は上海から揚子江沿いに600?南西に入ったところ、まさに、揚子江の南である。


 彼の話は半分聞いたにしても、南昌は奄美大島の暖かさはないだろうけれど、私の住んでいる九州ぐらいはあるだろうと思っていた。


 実際、寒がりの私でも、九州では冬でも石油ストーブをつけることは滅多にない

 南昌の研修センターの黄先生とは早くからメールのやりとりをしていた。私が南昌に行くのを期待して待っておられる様子が伝わってくる。


 ところが、出発直前になって南昌は寒いですから、いっぱい着て来てくださいと
メールが入った。

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:58:17 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
楽しみ
また、新しい旅ができるようでワクワクです。
2008-02-02 土 19:56:47 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。