■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
MP3

P1090431.jpg

キロロの「未来へ」が入ったMP3プレーヤーと外部スピーカー


 

 MP3の「未来へ」は手に入ったし、パソコンの外部スピーカーのようなものがあれば何の問題ないと思って事務室にアンプを借りに行った。そしたら「これを使っていいですよ。」と、机上の外部スピーカーをはずしてくれた。

 それで、問題はすべて解決して、「未来へ」を滞りなく教えることができた
 

 音楽を持ち運ぶというのはソニーのウォークマンから始まり、今や、世界共通の若者の文化となりつつある。それを先行しているのは日本の技術であり、日本の若者である。

 
 確か、初代のウォークマンはカセットテープだったと思う。それが、CD→MD→MP3と変わり、日本ではMP3プレーヤーは若者の必須の道具となっている。

 中国では街角で、携帯電話を使っている人をかなり見かけるが、今まで、イヤフォーンをつけて歩いている人はあまり見かけなかった。ところが、最近イヤフォンをつけて歩いている若者を時に見かけるようになった。

 
 今まで、たくさんの中国の若者に日本語を教えてきたが、MP3プレーヤーを持っている者は一人もいなかったが、今回は、21人中7人も持っていた。
急速な普及の表れであろう。

 ところで、私は若者ではなく「ただのおじ(い)さん」なのだがMP3プレーヤーに中国語の会話集などを入れて持ち歩いている。

 
 ちっとも効果は表れないのだが………

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

聊城(りょうじょう)にて | 10:53:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。