■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チンタオへのお誘い

チンタオへのお誘い



店頭に並ぶチンタオビール  中国を代表するビールだ




 不屈の男、前畑さんから初めての電話がかかってきた。 


「もしもし、どげんしよんね。」(もしもし、どうしてるかい。)「あんた、よかなら中国に行かんね。」(君、よかったら中国に行かないか。)……………。


中国で日本語を教える教師をしてみないかというお誘いである。


中国語は全然できませんが……………。」


「あんた、日本人じゃろが。じゃったら日本語の専門家じゃんね。」(君、日本人でしょうが。だったら日本語の専門家じゃないか。)「日本語ば話しきっと良かつ。」(日本語を話せるのならいいんだ。) 


話しっぷりまで豪快である。それで,「私にもできるのかな。」と何となく納得したような気持ちになった。


場所はチンタオ市立技工学校。高校や大学を卒業した人が1年課程で実務的な工業技術を習得する専門学校らしい。ほとんどが日系企業に就職するために日本語の時間があるが、そこに日本人教師を配属するという。今度初めて立ち上げる事業である。


私は突然のことに驚いた。韓国へ行くことは考えていたが、中国のことは全く頭になかった。しかし、私は外国での生活をしたかったのであって、実はどこでもよかったのだ。 


私は「行きます。」と即答したかったのだが、家族に韓国へ行くことは了解取っているものの、中国へ行くことは了解取っていない。前述のように韓国は九州の中部にある 自宅からなら、思い立ったその日にまるで、広島に行くぐらいの気軽な気持ちで行ける(実は広島の方が旅費は高い。)のだが中国となるとそうはいかない。


そこで、私はとりあえずv「私自身は行きたい気持ちですが、家族に相談します。」と答えておいた。


実はチンタオとは電話でその位置を聞いたけどよく分からなかったし、どんな街かも知らなかった。ただ、「チンタオビール」の名は聞いたことがあった。


 



このブログの中で、中国の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。
スポンサーサイト


滄州へ行くまで | 17:34:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。