■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
富士山

P1170420.jpg

教科書にも富士山の話題が出てくる

P1150309.jpg

朝焼けに染まる雲から頭を出した黒富士
日本第2峰北岳から望む第1峰富士山

P1160896.jpg

金峰山から望む秀麗な富士


 前の記事で山の話題を出したので、ふれておきたい。

 教科書に富士山の話題が出てくる。
研修生に「日本でどこへ行きたいですか」と聞くと、富士山と答える。「日本で、何を見たいですか」と聞いたら100%富士山と答える

 ところが、実際にはほとんどの研修生たちは富士山を見る機会はない。

 九州に住む私も初めて富士山を見たのは、26歳の時仕事で信州方面に行ったときが初めてだった。
ちょっとかすんで立派な姿とは言えなかったけどとにかく見るには見た
その後は何度か見たが、すばらしく立派な富士山の姿はめったに見られない。しかし、今年の夏は北アルプス、南アルプスなど、数多く登ったので、2回ほど美しい姿を見ることができた。上の写真はそのときのものだ。富士山が世界自然遺産にならないのは不思議に思う。その秀麗な姿だけもってしても、世界遺産に値すると思うのだが………。

毎日富士山を望めるところに住んでいる人がうらやましい。

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

聊城(りょうじょう)にて | 14:36:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。