■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
猫サファリ

 


P1110813.jpg

猫は何匹いるでしょう。答えはこの記事の最後。


P1110823.jpg


我が家の猫山を悠然と歩く猫


 


P1170159.jpg


電源も抜き、ベランダにほっぽり出したままの超音波式猫撃退器






 前回、猫のいない猫園のことを書いたが, こんどは猫サファリについてふれよう。

 それは他ならぬ我が家の周辺である。ここにはいつも十数匹の猫が自由奔放に遊んでいる。

 近所の方が我が家の横にある畑で毎日猫のえさをやられるので、猫が集まってきて、繁殖しているのである。

 我が家は田んぼや畑に囲まれ、道も行き止まりなので、別に塀もなく、開放的にしている。しかも、芝生を貼っているので、猫のいい遊び場になっているのだ。猫の昼寝に絶好な日当たりのよいベランダもあり、猫の大好きな猫山だってある。まさに猫天国である。


 猫は嫌いというわけではないが、これだけたくさんいれば困ることもいっぱいある。

 4年ほど前、私の長男が見そめた人を家に連れてきた。初対面なので、大あわてで掃除をして、ドキドキして待っていた。

 家に上がってもらい、食事をして庭にも出た。親として結婚を認めることになったのだが、こともあろうにそのお嬢さんが、猫の糞をフンじゃったのだ。気の毒やら、申し訳ないやら………。その場は「ウンが付いているんです。ハハハ………」で、取り繕った。
相前後して我が息子もフンじゃったので、やっぱり二人にはウンが付いてたんだと思っている。

 その後二人は結婚し、かわいい孫もできて、幸せに過ごしているので、この話はハッピーエンドなんだが、そんな話ばかりではない。

 ここでは書かないが、困ったことがいっぱいなのだ。

文句の一つも言えばいいのだろうけれど、そこはやっぱり、日本人。言わない方がいいこととしている


 大枚をはたいて、超音波を発する猫撃退器なるものを購入したが、いっこうに効き目がない。


 こうなりゃあ、いっそのこと、「猫サファリ」の大看板を出して、入場料でも取ろうかな。猫のいない猫園よりはずっといい。


「運が付く猫サファリです。さあ、お二人でいらっしゃい!!」




………答え、5匹………


スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

聊城(りょうじょう)にて | 09:55:48 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
我が家も同じ
猫がうろうろするのはそうでもないが、猫の糞の臭いが何ともいえないですねー。猫が嫌うものを蒔いたり、来たときに追っかけたりすると、だいぶん効果が出てきました。それでも犬や猫の糞には悩まされています。
2007-11-25 日 06:07:54 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。