■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遊具


P1100365.jpg


乗馬は大人にも人気


P1100371.jpg


園内でこれが一番大きな有料遊具



P1100373.jpg


ゴーカートは一番人気。長蛇の列だ。





P1100378.jpg


このハンモックはただ。


P1100432.jpg


回旋ブランコは、若者たちが興じていた。.
これも無料だが、管理人はいなくて、子どもが近寄ると危険。


 




 


 


 


 遊園地内には日本と似たようないくつかの遊具がある。ただし、日本のテーマパークにあるような大がかりなものはない。いずれも、子供用だ。

 有料のものは10元ぐらいで、大変高い気がする。なにしろ、5元で、十分においしい食事ができるところである。だから、日本円で言うと、10元は800円~1500円ぐらいだと思われる。ちなみに、わたしたちの普段の昼食弁当は4元なのだ。

 滄州にいた頃、日本語訓練センターの食堂で食べていたが、食堂の食事は1食1元で、1日3元で済んでいたくらいだ。

 それでも、親たちは一人だけの子どものために高いお金を払って乗せている。

 


スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 11:05:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。