■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
下痢

下痢


P1080696.jpg


毎日おいしい給食弁当を食べる


  


P1080695.jpg

ご飯もおかずも量が多い


 




 



 ある日の夜の自習のときの教室に行く途中、トイレの前に何人かが集まっていた。何だろうと、思いながら教室へ行くと、教室はガランとしていた。

 聞くと、晩ご飯のあと、ほとんどの研修生が下痢を始めたのだそうだ。だから、いくつかに分かれてトイレに行っているのだそうだ。そういえば、寮にもまだ人が残っていた。その日の自習は人がずれずれに出たり入ったりで、まとまったことはできなかった。

 毎日、昼と晩は、給食として弁当を食べているが、夜のそれが悪かったらしい。早速業者に連絡をしてあったようだが、それだけの話で、翌日からはいつものようにいつもの業者の給食弁当が続いた。

 下痢は一過性のもので、そのうちに治まった。日本だったらそれでも大問題になるようだが、この国はこの程度のことはあんまり大きな問題にしないようだ

 幸い、わたしは晩ご飯を頼んでいないので、免れた。


 

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 10:24:00 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
食べ物
中国の食物に安全性が注目されていますねー。
2007-10-22 月 22:30:14 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。