■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
食堂

食堂


RIMG1878.jpg


町のあちこちにある鍋料理屋さん
この記事の内容の食堂とは全く関係ありません。




RIMG1886.jpg


熱を加えるからいいとはいうものの、やっぱり食堂は清潔が一番



 泰山、曲阜の帰り、遅くなったので、食事をして帰ることになった。席に着き、注文するものを決めて、楊さんたちはトイレに行った。私たちはテーブルに座って出てきたお茶を飲んでいた。


 すると、戻ってきた楊さんが、運転手の李さんに耳打ちをした。李さんはうなずいて、すぐに席を立った。楊さんは私に、「先生出ます。」と、言って一緒に店を出た

 あとで聞いたら、トイレに行ったときチラッと見た厨房があまりにも不潔だったので、店を変えることにしたのだそうだ。


 私も何度か中国食堂厨房をのぞいて見て、汚いと思ったことはあるが、それでもそれは日本人の基準。
 
中国人もいやがる食堂厨房はどんなものだったんだろう


 





スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 11:06:59 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
食欲
見ておいしい日本食、匂いでおいしい西洋食、食べておいしい中国食といわれていますね。
2007-10-20 土 12:41:21 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。