■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
助け船


助け船


 


P1100078.jpg


「おいしそうな?????」蝉の幼虫の唐揚げ


 




 




 泰山を下りて、近くの食堂で食事をすることになった。ごく一般の大衆食堂だ。

 楊さんは壁のメニューを示して、「何がいいですか。」と、聞いた。そこで、私はいつものごとく「何でもいいです。」と答えた。

 だいたい中国ではメニューの漢字は分かってもどんな料理が出てくるかは分からない。それで、選びようがないのだ。そこで、楊さんたたみかけるように、「〇〇はどうですか。」と、聞いてきた。「〇〇」のところが、聞き取れなかったが、やっぱりいつものように「いいですよ。中国の料理は何でも好きですから。」と、答えた。


 さらに「飲み物は?」と、来たので、これもいつものように「ビールをお願いします。」と答えた。さらに「ここは、青島に近いから青島ビールがいいですね。新鮮なのが来るかもしれない。」と付け加えた。

 程なく、いつもの「生ぬるビール」が出てきた。つまみを待ちながらちびちび飲んでいると、突然、「蝉の幼虫の唐揚げ」が出てきた。さっきの「〇〇」はこれだったのだ

 「何でも好きです。」と言った以上、これも食べなければならない。それで、できるだけ、味が染み込んでいそうな奴を選んで口にして、おいしそうな顔をした。思ったより、癖がなく、すんなりと食べられた。そして、「おいしいです。」と、言った。

 実際においしくなかったわけではないが、初めてなので、気持ちが悪かっただけだ。それでビールで、流し込むようにして飲み込んで、一息ついた。

 中国人は食事の場で相手においしいかどうかをよく聞く。そのときは「おいしい」と、言わなければならない。聞かれる前に「好吃(ハオチー)」と言うのが一番いいのだが、このときはそのタイミングを逸した。 

 総勢5人、みんなで、つつくからだいぶん減ってきた。私はこのあと行く曲阜(きょくふ)のことを聞いたりして、時間を引き延ばしながらビールを飲んだ。

 でも、そろそろ次の1匹を食べなければならないかなと、思っているとき、次の料理が来た。私にとってはタイミングのいい助け船と、なった。


 結局、食事が終わる頃には蝉の幼虫の料理は全部なくなっていた。私だって次の機会にはおいしく食べられると思う。


 そこで、次に小波さんとここへ来るとき、何食わぬ顔で「〇〇」を注文してみようかと思った。

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 10:19:00 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
安心感
始めていく食堂では、食べなれている料理を注文するのが常ですね。外国ではそうは行かない。相手を信用するしかないですね。
2007-10-04 木 05:39:42 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。