■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
正面登山道

 正面登山道 


P1090935.jpg


正面登山道を続々と登ってくる参詣者


P1090930.jpg


登山道の登り詰めはかなり厳しい階段だ


P1090926.jpg


残念ながら麓の泰安の街すらはっきり見えなかった。


 




 



 今回はワープロに乗って楽々と山に来た(意味が分からない人は2007.9.15記事参照)が、本来の正面登山道は上の写真のところである。

  下の泰安の街から歩けば3時間以上はかかるはずだ。  頂上の玉皇頂に何も書いていない石碑があるがこれはここから下界を眺めると言葉で表すことができないぐらい感動したので何も書かなかったという変ないわれのある石碑だそうだ。

 この日は黄砂の影響で、あまり視界がはっきりせず、さほどの感動はなかったが、視界の晴れた日に自力で登ってこの山頂から下界を望めばすばらしいことは間違いない。

  雄大な黄河も望めるし、はるか400?以上も眼下に広がる華北の平野も一望の下、見渡せるだろう。

   今度小波さんと来るときにはこの、正面登山道を登ってこよう、そして、その感動を味わおうと思う。

   この山は山中に点在する寺院群が世界文化遺産に指定されているばかりか、山そのものが世界自然遺産に指定されている。


 

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

聊城(りょうじょう)にて | 10:09:58 | Trackback(1) | Comments(1)
コメント
日常的
参拝者の多さには驚いていますが、ブームなのでしょうか
2007-09-30 日 19:28:12 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2007-10-04 Thu 16:48:30 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。