■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山の上

山の上


P1090923.jpg


ロープウェー駅から1?ほど崖の上の参道が続く


P1090960.jpg


参道には立派な宿、おみやげ屋さん各種仏閣等が続く




P1090994.jpg


歴史上著名な人の書が刻まれている。
玄宗皇帝即位のときの書もあるという。





P1090982.jpg


どこへ行っても人、人、人………


 




 




 ロープウェーはいきなり山頂付近に到着した。ここからほぼ水平に参道があって本堂へ続く。山の上は狭いながらも道沿いに宿、各種仏閣、おみやげ屋さん等、1?程度連なっている。道の反対側は断崖だ。建物も立派だし、珍しいものがいっぱいだが、何を言っても人が多い。人口がいくら多いと言っても、中国は広いので人はあまり目立たないだろうと思うのだが、観光地へ行けばどこも多い。まして、中国を代表する山岳寺院泰山で、日曜日となれば、少ないはずがない。


 日本の山岳寺院といえば比叡山や高野山を思い浮かべる。静かで宗教的な深い趣を感じるが、ここの雰囲気は少し違う。歴代の皇帝たちが参詣したという割には明るく庶民的で親しみやすい感じだ。

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 09:15:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。