■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
百聞は一見にしかず
  1. 百聞は一見にしかず
  2.  
  3. P1100568.jpg
  4. 徒駭川の水は地下のパイプを通ってここにわき出る
  5. P1100584.jpg
  6. 浄化された徒駭川の水はここから市内の運河へ

P1090338.jpg
市内の運河には遊覧船が浮かぶ。
中では楽しいディナーの様子が見える。

 

P1090174_20070829222234.jpg
いつ開館するともしれない運河文化箱物館(まちがったかな)
ここが開館したころ、またこの街に来たい


 

   この程度の、沈殿池で、あの強烈な泥水を浄化できるのか、そんな思いを持ちながら沈殿池の縁を歩き始めた。

 ところが、思いがけないものを発見した。沈殿池の水面が盛り上がり、モコモコと水がわき出している。その量は尋常ではない。水の色は近くの水門から漏れだした黄河色運河の水の影響で少し濁ってはいるが、明らかに出てくる水は徒駭川の水だ。

 これを見て、すべての問題が一挙に解決した。 

 この水は徒駭川の堰でせき止めた水を地下のパイプを通してここに送っているのだ。残念ながらその取水口は確認しなかったけど間違いない。なぜなら、距離もさほど遠くないし、明らかに徒駭川よりこの吹き出し口の方が水面が低いからだ。まして、このくらいの量の水は徒駭川以外から得ることはできない。 

 そして、黄河色運河がどうしてパイプで徒駭川を渡ったのかという疑問も解決した。 

 聊城市は観光都市である。だから、泥水の運河に観光船を浮かべるわけにはいかない。だから、黄河色運河は徒駭川の水と混じらないようにパイプで渡し、街なかを通らないように別ルートにした。そして、徒駭川の水だけを市内に流すようにしたのだ。 

 昔の運河の第一の目的は交通、運輸だったはずだから、今のような作りにはなっていなかったはずだ。おそらく、徒駭川に徒駭川色運河と黄河色運河が流れ込んだ場所の少し下流に堰を作り、それを聊城市内の運河に直接つないでいたのだろう。いわば、この地は二つの運河と徒駭川の交差点であり、交通の要衝であったはずだ。聊城が運河の街と言われているのは,ただ、運河が町中を通っているからだけではないはずだ。なぜなら、私が前に勤めていた滄州市も同じ運河が通っているが、誰も運河の街とは言わない。

 とにかく、すでに建物は完成している運河文化箱物館(運河文化博物館だったかもしれない)に早くその辺の事情を展示してもらいたいものだ。そうすることによって、聊城の観光都市としての評価が更に高まるのではないだろうか。

 私に、「聊城市の運河の水は徒駭川から引いている」と、教えてくれた二人の中国人に「やっぱり黄河の水だったよ。百聞は一見にしかずだよ。」と、写真を見せながら誇らしげに教えてやるのを楽しみにしていたのだが、この言葉は使えなくなった。ただ、私自身が実際に歩いて「百聞は一見にしかず」を体験することができ楽しい知的探索となった。 


スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 11:42:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。