■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「黄河色運河」が徒駭川を渡る


「黄河色運河」が徒駭川を渡る

P1150018.jpg
徒駭川の本流には堰の上流で徒駭川色運河が合流する
黄河色運河は徒駭川に合流せず、太いパイプで徒駭川を渡る。

川を渡った黄河色運河は図の上方の聊城方面へ流れていく


P1100528.jpg
徒駭川本流を堰の上から望む


P1100533.jpg
徒駭川色運河は立派な運河だ





P1100535.jpg
徒駭川本流(上方)に徒駭川色運河(手前)が合流する



P1100525.jpg
徒駭川に造られた堰

P1100524.jpg
20キロ南の黄河から引いてこられたと思われる黄河色運河

P1100540.jpg
黄河色運河はいったん水門でせき止められる

P1100522.jpg
黄河色運河の水はパイプで徒駭川を渡る
漏れた水で徒駭川が濁っている


P1100548.jpg
徒駭川を渡った黄河色運河は聊城の街方向へ流れる


 




 



 私は聊城の運河の水の取水口を調べるべく、徒駭川に沿って歩いた。そして、そこで思いがけないものを発見した。

 徒駭川には堰があり、そこに、二つの運河が集まってきていた。一つは徒駭川と同じような水の色をした運河、(仮に徒駭川色運河と呼ぶ)、もう一つはまさしく黄河の水の色をした運河(仮に黄河色運河と呼ぶ)だ。そして徒駭川色運河は堰の上流で徒駭川に合流する。

 しかし、驚いたことに黄河色運河は徒駭川に合流するのではなく堰の上を3本の大きなパイプで、向こう岸(聊城の運河方面)に渡してあるのだ。そして、河を渡った黄河色運河の水はまた運河となって、少し右に曲がりながら聊城の街方面へとうとうと流れている。

 いったい何のため????

 そこで、やっぱり、聊城の運河は黄河の水を引いているという私の思いが一気に高まった。


 あの二人の中国人が「聊城の運河は徒駭川から引いている」と言ったのは間違っているということを「百聞は一見に如かず」という言葉とともに教えてやろうと、ワクワクしながら更に探訪を続けた。


 


 

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 12:15:18 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
黄河の水
他の河との合流が嫌がれるのでしょうね。
2007-08-28 火 19:13:50 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。