■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本語教師ボランティアの概要

日本語教師ボランティアの概要



日本で実習中の研修生たち(会社案内誌より) 




 


 前畑さんの話によるとこうだ。日本で3ヶ月の中国観光ビザを取り、中国に渡る。


滄州外経には男子の研修センターと女子の研修センターがある。滄州外絵経から派遣される研修生はいろいろの業種があるが、女子は食品加工の軽作業員、男子は足場組み立ての職人の研修生が多い。どちらのセンターに配属されるかは分からない。


センターでは中国人教師たちと3人一組のチームを作って日本語を教える。日本人教師が教えるのは日本語会話だ。文法や他の重要なことは中国人が教えるので、会話だけを教えればいい。授業のときには日本語で教える日本語ができる中国人先生が必ず教室にいるので、分からない言葉は通訳してくれる。


勤務は月曜日から土曜日までの、8時半から15時まで1日を3コマに分けて授業する。授業がない時は自由だ。


3ヶ月のビザが切れるまでに帰国する。向こうでの宿舎は無料で用意されている。食事は自費で食べるが、十分過ぎる手当が出るのでお金は余る。ただ、そのお金を日本にもって帰っても大した額ではない。だから絶対に金儲けはできない国際交流のボランティアだと考えた方がよい。席が空いていれば、何度でもお呼びがかかる。


会社も、先生も、生徒も、みんな日本人を大事にしてくれる


病気や事故等については事前に旅行保険に入ってから行く。行き帰りの往復運賃、保険代、ビザ申請費用等全て会社が出してくれる。だから、基本的にはお金は全然かからない。むしろ、日本での生活費が要らないので、結果としては年金生活者にとってはその月分だけ稼いだことになる。


  このブログの中で、滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の新規募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。

スポンサーサイト


滄州へ行くまで | 20:10:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。