■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
学習

学習

P1110095.jpg

車の中をまさぐる人物  どう見ても善良な市民に見えるが……

P1110097.jpg
黒いガラスの内側に黄色い「学習」のカードが見えますか。




 


 センター駐車場内で怪しい人物を発見……。さっそくカメラを構えて待機。幸い彼はカメラの存在に気づいていない。顔の表情まで、はっきりと分かる距離だ。

 しかし、どう見ても彼は悪いことをするような顔はしていない。善良な中国のお兄さんだ。しかし、こういうのこそ油断をしてはならない。カメラは彼の動きを監視している。

 あっ、車のドアを開けた。車内に腕をつっこんだ。カメラは彼の手先の動きをとらえている。彼の手先はしきりに何かをまさぐっている。そして、その手は後ろの棚の端にある何か黄色いものに手を掛けた。スモークガラスは濃くて、それが何かまでははっきりとはとらえられない。もどかしい。

 と、次の瞬間、彼はそれをつかむやいきなり、後ろのガラスの真ん中に持ってきてベタンと貼った

 よく分からないが確か、それには黄色いものに赤い文字で「学習」と書いてある。いったいこれは何だ。彼は辺りを見回し、車を離れた。同乗してきた女性に手を振って別れを告げた。女性はにっこりと笑い、勢いよく発進して行った。

 彼は怪しい人物ではなかったようだ。やっぱり言ったとおり、善良な中国の市民であり、女性はその奥さんらしい。

 自分がここまで運転してきて奥さんと運転を代わる。仮免許中の奥さんは「学習」のカードを張らなければならないのだ。

 「学習」のカードは150元で買うのだそうだ。150元は日本円にすれば2200円ぐらい。物価が10分の1ということを考えると結構高い。

 でも、どう見てもあれでは見にくい。見えないなら意味がない。しかし、日本の初心者マークのように磁石式ではないので、車内にしか掲示できないようだ。

 もちろん「学習」の「習」の文字は簡体字だかもちろん「学習」の「習」の文字は簡体字だから第3画ま
しか書いてない。

その甘さ それが大きな事故のタネ

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 10:36:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。