■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ナンバープレート

ナンバープレート  


P1110107.jpg 
時々見かけるナンバープレートのない車


 




 




 中国ではナンバープレートのついていない車が走っている。

 これを聞いて驚かれる方も多いと思うが、私も、最初は目を疑ったものだ。

 ある時、研修センターの前にナンバープレートのついていない車が駐車しているのを見つけたので、研修生に聞いたところ、「この車は古いからはずれたのでしょう。前にはついているでしょう。」という。前に回ってみればなるほど、ナンバープレートはちゃんとついている。「なあんだ、中国はこれでいいのだ」と、大陸的納得をせざるを得なかった。

 ところが、ある時、真新しい車が、ナンバープレートをつけないで走っているのを見かけた。そして1台見つけると次から次へと見つかるようになった。そして、ついには車の前面にもナンバープレートがついていない車が街中を堂々と走っているのを見かけた。しかも、買ったばかりのピカピカの車と思われるやつが………。

 「あの、研修生が言ったことはおかしい。」と思い、また、同じ研修生に聞いてみた。そしたら、「新車を買ったときはしばらくの間、ナンバープレートをつけなくてもいいのです。」という。

 「中国はそうなのかあ………」またまた、大陸的納得をせざるを得なかった。

 こんなところにも事故の種が

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 10:34:10 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
大陸的
のんきなのか大陸的なのか行政が行き届いて無いというか、それでも国家は成り立つのですねー
2007-06-01 金 07:33:08 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。