■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
運転

運転

P1100950.jpg
狭い道を抜けていく

P1100951.jpg
大きな道路に出た

P1100952.jpg
左折中 まだ、一番左の車線  向こうから2台の三輪オートバイが来る

P1100953.jpg
中央線は右のワゴンと乗用車の間
 あと2車線ある そのまま斜めに

P1100954.jpg
2台の三輪バイクをやり過ごす 中央線はワゴンの手前

P1100955.jpg
逆走中 中央線までまだあと2車線

P1100956.jpg
バスまでやり過ごした トラックが来る

P1100957.jpg
人が

P1100958.jpg
現在中央線の上 向こうの乗用車も中央線上 
やっと右側車線へ本線へ




 


 


 上の一連の写真はある日の運転中の様子だ。断っておくが、これは中国ではいつでも見られる普通の運転の風景だ

  狭い道から大きな道に出て左折し、本来の右側車線に移るまでの流れだ。車や人や車線の位置を見てほしい。

 この車はあまりスピードは出してはいない。時速30キロぐらいだろう。でも向こうから来る車は通常どおりのハイスピードだ。

 日本だったらこんな場合は信号があるか、左折(日本では右折)禁止となっている。

 日本人だったらまずは逆走は絶対にしないものだ。間違って逆走していることに気づいたら、急にブレーキを踏んだり、あわてて車線を変更をしたりするだろう。

 だが、ここではそうではない。ゆっくりと、逆走しながらだんだんと右へ進路を取り、本来の車線へ入る。その間に対向車と何台もあるが、何事もないようにやり過ごす。

 これが普通の姿であり、それでうまくいっているのは不思議なくらいだ。お互いあうんの呼吸のようなものがあって、信頼関係の中で、スムーズに事が運んでいるようだ

  その間250メートル、その日も事故なく平和な1日だった。

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 10:24:34 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
必死の覚悟
まさかあなたが運転しているのではないでしょうね。
2007-05-25 金 20:49:04 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。