■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
滄州外経について

滄州外経について



滄州外経のマーク



 

詳しいことを聞くために不屈の前畑さんの家に行った。話によると前畑さん自身が滄州で、日本語教師を経験したのだそうだ。


紹介された会社の名前は、滄州外経(そうしゅうがいけい)。いろいろな事業をやっているが、私たちがお手伝いするのはいわば人材派遣事業である。日本で研修するという名目で近郊の村から仕事の経験者を募集する。そして、3年間日本へ派遣する。日本側はいくつかの同業者で受け入れ組合を作り、受け入れ態勢を作る。組合が中国人を受け入れるのだ。そして、各会社に振り分けて、各職場で仕事(研修および実習)をしてもらうのだ。


この手の研修は、日中間できちんと制度化されていて、それにのっとやっている。たとえば、日本へ送り出す前に3ヶ月以上の日本語教育をしなければならない、とか、日本へ渡ったら1ヶ月程度の日本語教育をしなければならない、などである。私が今、目指しているのは、中国での3ヶ月の日本語教育の部分である。


 滄州「外経」の「」は外国の「」、「」は経済の「」である。



 このブログの中で、滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。
スポンサーサイト


滄州へ行くまで | 13:28:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。