■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--


P1080693.jpg


茶色の部分が会社事務所 日本語研修センター教室は2階


P1080692.jpg


超豪華に見えるアパートの3階、会社の上の部分(見えない)が寮


P1100279.jpg
研修生が利用するおかゆ屋 会社の並び(同じ建物)にある



 




  私の宿舎も研修生の寮も同じところにある。会社の裏が大きなアパートになっており、その3階の1区画がそれだ。

 日本のアパートに比べると大変大きな部屋が5つありそれに食堂と台所がある。研修生は3つの部屋に分かれて泊まっている。研修生は台所は使わない。

 食事は朝晩は会社の隣のおかゆ屋さんで、昼は配達される弁当を食べる。アパートとセンターは実はつながっている。しかし、直接は行けないので、いったん外に出て会社の玄関から入り、2階の教室に入る。エレベーターを使って、4分だ。

 私は昼だけ弁当を食べて、朝、晩は自炊だ。


 


 


 



 研修生は朝7時30分に寮を出たら夜8時45分まで帰ってこない。私は昼に授業が終わるのでいったん帰る。夜に授業があるときはまた出かける。


  ここは街のほぼ真ん中であり、買い物もバスによる移動も大変便利がいい。










スポンサーサイト
聊城(りょうじょう)にて | 19:06:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。