■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
軍事訓練

軍事訓練

P1040013.jpg
整列(軍事訓練終了式)




P1040007.jpg
行進(軍事訓練終了式)






P1040029.jpg
毛布たたみの抽出代表実技(軍事訓練終了式)


 


 





 


RIMG2237.jpg



雪の中の耐寒訓練(男子)




 


 


P1040098.jpg



研修生は実によく働く。軍事訓練の成果だろうか。 




    軍事訓練の話を出したのでちょっとふれておく。
滄州外経では日本語教育を始める前に軍事訓練をする。滄州外経だけではなく、中国では新しい教育を受けるとき、あるいは組織的に海外に出かけるとき軍事訓練を受けるのが必須なのかもしれない。
 


 滄州外経では約1ヶ月間日本語研修生と同じところに泊まって徹底的に心身を鍛えられる。軍事訓練だと言っても鉄砲を持って戦闘に関わるような訓練はない。主に整列、行進など集団行動訓練だ。何時間も不動の姿勢で立ち続ける。体力作りのための持久走もある。

 礼儀や生活面の指導も徹底して行われる。軍服を着た専門の先生がいて、日本語の研修生を含めて、生活面のチェックをしている。たとえば、掃除の仕方、毛布のたたみ方など。優しい先生で研修生に慕われているが躾は厳しい



 軍事訓練が始まった頃は日本の高校生やそこいらのお姉ちゃんとおなじように挨拶もしない普通の女の子だが、1週間ぐらいたつとニーハオと挨拶するようになり、軍事訓練が終わり研修生になるや、立ち止まって深々と頭を下げ、にこやかに挨拶をするようになる。ドアを開けようとすると、我先に寄って来てサッと開けてやり、どうぞと頭を下げる。この変化は何だろう思うばかりだ。


 

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 18:17:02 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
はじめまして
こんにちは。
中国総合情報&情報交換サイト【ALA!中国】です。

貴ブログを拝見いたしました。
内容がとても充実していますので、弊サイトのブログ
ディレクトリーに登録させていただきました。
 http://china.alaworld.com/modules.php?name=Blogs
どうぞ、ご確認ください。
もし不都合がありましたら、ご連絡をいただければ、
修正または削除をします。

また、もし差し支えがなければ、貴サイトでも【ALA!中国】
  http://china.alaworld.com
 
をリンクしていただけますか?

よろしくお願いいたします。

*****************************************

ホームページ担当 西山
中国総合情報&情報交換 【ALA!中国】
 http://china.alaworld.com
*****************************************
2007-04-16 月 00:01:29 | URL | ala中国 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。