■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歓迎会

歓迎会


P1080393.jpg
味は「ケッコー」でした「ガー」なんだか………
   


 


P1040210.jpg
よく利用する食堂。1年前には一つもなかったが、今は近くに大小3軒ある。




 滄州を訪れるもう一つの目的はここで教えている日本人先生たちとの再会である。特に不屈の前畑さん(2006年6月30日版に紹介)への陣中見舞いである。といっても、ただ、焼酎一本ぶら下げて、遊びに行くだけだが……。


私が出国したのは3月2日、その前日から100ミリリットル以上の液体の機内持ち込みが禁止され、大変厳しくなったので、焼酎も飛行場の免税店で買うしかなかった。似たような芋焼酎が二つ置いてあったが、大きく「最高級品」と書いてある箱入りの方を買って持っていった。案の定「おっ、最高級品だ!」といって喜んでおられた。同じ値段なら最高級品と書いてある方が喜ばれるだろうという私のねらいは当たったわけだ。


結局滞在中、食事のたびにセンターの前の店で歓迎会をしてもらい、思い出話に花を咲かせた。特別に私だけ鶏とアヒルの「尾頭付き」ならぬ「ダブル頭のみ」を頂き、恐縮した。


 







スポンサーサイト
聊城(りょうじょう)にて | 10:40:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。