■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最終日

最終日

2006年10月4日分からは中国で書いています 

















研修生が一番気にしているのは会話の口答試験だ。
そこで、最後の授業はその実技をした。右は「恋人は何人いますか」と、
意地悪な質問をする研修生





研修生たちがお別れ会をしてくれた。
私もお返しで下手なギターで「女一人」を歌った。
ところが途中でみんなグスグスと泣き出すもんで、
私は手元ガクガク、声はメロメロで、歌にならない歌となった。

 授業は今日で終わり

今回もまたたくさんの人の助けを借りて、充実した2ヵ月半を過ごすことが出来た。


 




 




この滞在中に、日本で、外国からの研修生を不当に働かせていることが明るみにされ問題になった。そのために規制が強化され、真面目に中国から送り出している人々や暖かく迎え入れている日本の人々、そして何よりも人生をかけて純粋に日本へ渡ろうとする研修生達に大きな影響を与えようとしている。大変残念なことだ。


私は明日北京に行き、翌朝日本へ帰る。そして、間もなく、中国の別の町でこの仕事をすることになっているので、このブログはその街からの報告に引き継ぎたい


………………………………………………………………


たびたびのご訪問有難うございました。


ブログ再会の節はよろしくお願いします。


 


 


 


 


スポンサーサイト


再び滄州へ | 13:11:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。