■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
掲示物

掲示物

2004年10月4日から中国で書いています




真剣に試験を受ける男子研修生






ひらがな練習では中国人独特の間違い方がある





 急に男子の試験監督と口頭試験に行くことになった。男子校舎は安いホテルに間借りをしてしている。
 昨年今頃は男子校舎で教えていた。そのころ私が残した掲示物がそのまま残っていた。そのときも五十音をはじめから教えたが、はじめに付いた文字の癖はなかなか直らない。だから、最初が肝心と思って作った掲示物だ。 たとえば「あ」はよく間違う文字である。中国人は不思議にも最後の丸く回すところを途中できってしまう。 この間違いを2回犯した人は記録し、ドアのところに張った。3回目にまた間違ったらドアのところで文字に向かって「済みません。今度からきをつけます。」と言わせる。4回目の間違いは大変だ。「どうもすみません。」と言って自分のゲンコツで頭をゴツンとやらせる。実際4回目まで間違った人はいなかったけれど、何とかならぬかとの工夫の産物だ。

 この教室も来年3月に新しい男子校舎ができるとともに消えていく

スポンサーサイト


再び滄州へ | 22:39:19 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
突然に失礼いたします。コンシェルジェと申します。素晴らしいブログサイトを運営されていますね。海外赴任者向けのコミュニティサイト「海外赴任blog」がオープンしました。よろしければ、一度ご訪問ください。皆様のご赴任経験が、これから海外赴任される方々へきっと勇気と安心を与えられると思います。
2006-12-14 木 15:31:09 | URL | コンシェルジェ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。