■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
軍事訓練

軍事訓練

2006年10月4日分からは中国で書いています


 




先輩たちのふりを見て体操を学ぶ


 




ただひたすら行進の練習。その向こうは教官と唐ゴマを楽しむ研修生





 新しい研修生が入ってきた。といっても、正式には研修生になる前の軍事訓練を受ける人たちだ。しかし、同じ寮に住み同じ食堂で同じ時間帯に食べる。しかし、彼女らは日本語の研修は受けない。無事、3週間の軍事訓練を終えたとき、初めて滄州外経の研修生となる。
 軍事訓練で入ってきた当初は廊下で出会っても何の愛嬌もない。日本の若者と同じだ。挨拶もしないし、愛想もない。ところが、3週間の研修を終えて、晴れて本科研修生になるころにはまるで人が変わったようににこやかに挨拶をし、すれ違えば立ち止まって最敬礼をし、建物や教室の入り口で私たちを見かけるとサッとドアを開け、「どうぞ」と身振りをつけて、案内するようになる

 いま、軍事訓練が始まって1週間、最近「ニーハオ」と挨拶するようになった。私の担当の研修生は9月に滄州外経に来て、最もいい季節に軍事訓練を終えたが、新しい研修生は零下に冷える校庭でただひたすら、整列・行進を繰り返している。軍事訓練と言っても集団行動訓練だ。

 担当は軍服を着た軍人(現役かどうかは知らない)であるが、正式に資格を持った人が正式にやっているのには違いない。日常の生活指導(掃除や整理整頓、食堂での態度、後かたづけ………)も担当している。研修生にとっては怖い存在だ。(実は優しい人だと言うことは研修生も知っているのだが。

スポンサーサイト


再び滄州へ | 17:52:33 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
日本の若者はどうしたら基本的な生活習慣がマスターできるのでしょうか
2006-12-04 月 22:53:34 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。