■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「うみ」(2)

「うみ」(2)

2006年10月4日分からは中国で書いています



瀬戸内海から見た四国。見えるのは讃岐富士?研修生はこのあたりの工場に来る。


 




 


 うみ」は言葉が簡単だと書いたのは実は日本人にとっての話である。中国人は「ハヒフヘホ」の発音が非常に苦手である。特に「ヒ」は「シ」と発音しがちである。だから、「海はシろいな」「シが沈む」となる。また、あまりにも発音を矯正しすぎると奥歯の横から息が抜けたような「キろいな」「キが沈む」となってしまう。

 歌はメロディがあるので一つ一つの音の高さも長さも決まっている。だから、発音の指導では口の形や息の出し方だけの指導に集中できる。それで指導がしやすいのだと思う。しかし、昨年の男子研修生の場合も同じように日本の歌で発音を指導したが、中途半端な指導に終わった。結果的に3ヶ月の指導を経た後、「広い」は「白い」であり、「日が沈む」は「死が沈む」であった。
 今年は全くの白紙の状態から教えることができたし、副社長の考えで、最初の指導を普通は中国人とコンビで教えるところを全部日本人の私にまかされたので、十分に時間を取ってきちんと指導することができた。そこで私が選んだ曲がこの「うみ」である。単純なメロディでゆったりしたテンポ。

 1ヶ月半の繰り返しの指導で、中国人が最も苦手とする「ヒ」についてはほぼ克服できたと思う。もちろん他の発音では様々な課題はあるのだけれども………。

スポンサーサイト


再び滄州へ | 06:52:50 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-12-03 日 07:27:06 | | [編集]
言葉の発音は慣れ親しんだ発音から脱するには相当の練習がないと耳と口が云うことを聞かないのですね。
2006-12-02 土 06:41:30 | URL | ムッチー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。