■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「うみ」

「うみ」
2000年10月4日分から中国で書いています



研修生は大きな夢と希望を持ってこの海の先の日本へ旅発つ


 




 


  1 海は広いな 大きいな 月が昇るし 日が沈む
  2 海は大波 青い波  ゆれてどこまで 続くやら
  3 海にお船を 浮かばせて 行ってみたいな よその国

 これは「うみ」の歌詞である。

 女子の研修生たちはここ滄州外経で3ヶ月以上の日本語の研修を受け、天津から船に乗って神戸に着く。その日のうちに香川県の研修所へ行き、そこで1ヶ月程度の日本語研修を受けた後、各地の会社の工場へ行く。そこで、3年間の研修および実習を受けるのだ。研修生は日本へ行くことに大きな夢と希望を抱いている。しかし、はじめて「よその国」へ行く不安もあるはずだ。その時に必ず渡らなければならない海、その向こうにある日本への期待と不安。そんな気持ちをこの歌で表すことがことができる。メロディも単純で言葉も簡単
 この歌は私が研修生たちが初めて歌う歌として選んだ
こだわりの1曲である。

スポンサーサイト


再び滄州へ | 07:56:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。