■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雲行きが怪しくなってきた

雲行きが怪しくなってきた



「我は行く。」  「ああ………、やっぱり行くですねえ………。」 


 



退職後、チンタオに行くことを夢見て中国語の勉強を続けていた。独学なので、なかなか進まない。でも私が中国に行く9月頃には少しぐらいは話せるようになるだろう、と希望を胸に、夢を明日に託して、勉強を続けていた。 

 


不屈の男、前畑さんは私をチンタオの技巧学校に紹介したあと、日本語教師としてまた中国のどこかに行った


ところが、そのころから日中の関係がだんだんとおかしくなってきた。首相の靖国神社参拝をめぐる問題である。5月頃になると、各地でデモが起こり、大使館まで襲撃される事態になった。


そうなると知人から「中国へ行っても大丈夫ですか、………」と心配の声があがるようになった。私も心配がないとは言えないが、少なくとも日本語を勉強しようという人たちのところへ行くわけだから、あんなに激しい考えをもっている人はいないだろうと、思う。中国人から暴行を受けた日本人のニュースも伝わった。しかし、これはお互い酒を飲んだ上のことだったので、どこでもよくあるトラブルだろう。日本人の店が被害を受けたが、何万人もいる日本人が直接危害を受けた報道はない。ただ、反日デモに近づいたり、うかつな発言をしないことは大切だ。こう、考えていた。


一方、首相は強気なので、この先、どうなるのだろうと心配はあった。


そして、3ヶ月中国で過ごした前畑さんが帰ってきた。そして、電話をかけてきた。


 




このブログの中で、中国の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。


 




 

スポンサーサイト


滄州へ行くまで | 10:27:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。