■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
全寮制






20080127No(004).jpg

早く帰れるのはうれしいのだが………




20080127No(006).jpg

早く帰らないとバスが止まるかもしれない。




 私が今までに行った日本語研修センターはいずれも全寮制だった。3ヶ月~5ヶ月で、日本語を覚えさせるのだから相当集中的にやらなければならない。
そのためには全寮制にしておくと都合がいい。


 今回のような寒波でも全然関係ないし、夜も授業または自習をさせることができる。


 前回行った聊城のセンターは初めから家族と別れてセンターに来ているので、もう年間、自宅へは帰れない。さらに、本物の日本人が日本から来て教えるので、日本で研修しているのと同じ気持ちで緊張して勉強する。


したがって、2ヶ月半で、かなりの日本語を話すことができるようになる。
非常に効率的である。


 私は南昌のこのセンターでも全寮制にすることを強く勧めた。
実はこのセンターではすでに全寮制にする計画があって、そのために、日本人教師を導入しているのだそうだ。そして、そのように勧めてもらうことは自信を持って計画を進められるのでありがたいと感謝された。
スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:51:01 | Trackback(0) | Comments(0)
50年ぶりの寒波





20080202No(001).jpg

今度は前回より雪が多く、町中で、10?ぐらい積もった


20080202No(022).jpg

鶏売りの女が行く。





20080202No(032).jpg

雪だるまも、お国柄があるものだ。奥さんのおなかに赤ちゃんがいるのだろう。
お父さんが作ったと思われる、愛情いっぱいの凝った逸品である。


 また、雪が降った。今回は前回よりも多く、10センチぐらい積もった。あちこちに雪だるまもできた。中国の雪だるまの鼻はにんじんと言うのが定番だ。

 そして、今回はテレビでは南昌地方では50年ぶりの寒波だと言っている。


 もう少し南の方では100年ぶりの寒波と言うところもあるそうだ。あちこちに災害が出ている模様だ。そして、学校もついには3日間休校になってしまった

 

 私も休みになり、完全に風邪を治すことができるので、好都合だったが、研修生達は困るだろう。

 授業ができないから、日本語の力はつかない。それなりの宿題は出してあるが、そんなことでは会話力は向上しない。

 研修生にとっても災害だ。



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:29:07 | Trackback(0) | Comments(0)
エレベーター






20080129No(037).jpg

エレベーターの近くにある非常階段。いつもは、誰も使っていないのだが………。




20080310No(020).jpg

アパートの最上階(18階)にある保育園。もっぱら、室内遊びだ。



 雪が降った日は朝から停電だった。中国では停電はときにあることだから、あまり驚かない。


 この日はアパートのエレベーターも止まった。
仕方なく、非常階段を歩いて降りた。のぼってくる人にも会った。下りだからいいものの、上りは大変だろうと思った。でも、最近は運動不足なので、帰りは停電でなくても、歩いてのぼろうかなどと思いながら、降りて行った。


 1階ロビーまで降りたら小さい子ども連れのお母さん達がたくさんいた。


 実はアパートの18階に保育園がある。
朝の時間、私は13階から1階まで下り、お母さん達は1階から18階まで、上るので、ロビー近くで少しすれ違う程度で、気づかなかったが、毎日、こんなにたくさんの人が出入りしていたのだ。 あの人達はどうやって上って行っただろう。


 センターも、やはり、停電だった。聞くと、揚子江より南の部分のかなり広い地域で雪が降り、被害も出ていると言うことだった。停電もその関係だったのだ。50年ぶりの、寒波を少し実感した。


 帰りはエレベーターは動いていた。
風邪がまだよくなっていないので………、」と、やっぱり文明の恩恵を受けることにした。


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:58:31 | Trackback(0) | Comments(1)
屋根が潰れる





20080204No(021).jpg

昼間は買い物客でごった返す市場。
ここは事故のあった市場ではないが、似たような作りだ。


20080207No(004).jpg

救急車で運ばれる


20080207No(007).jpg

けがをした人。中国のカメラは病室の中にもどんどん入っていく。


20080207No(011).jpg

足を折った人。非常に具体的に描写する。

 

 南昌市内の市場でも雪で屋根がつぶれる事故があった。卸に来ていた農家の女性が亡くなり、何人かのけが人が出た。 夜明け前だったので、被害者は少ない方だった。


 このあたりは元々雪がほとんど降らない地域なので、雪の重みに耐える建築物は造っていない。だから、一端積もると、被害が大きいのだ。

 後に、南昌の南の井岡山(チンガンサン)や上海に行ったとき 、潰れかかった家をたくさん見た。50年ぶり、100年ぶりの寒波と報道された訳が分かった。



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:45:24 | Trackback(0) | Comments(0)
大雪の被害





20080322No(112).jpg

ここは南昌の南200?。たくさんの木々が倒れている。2ヶ月前に降った雪の害だ。


20080323No(164).jpg

車窓から見る松もみごとに折れ曲がっている。

 


 大雪の2ヶ月後、南昌から200km井岡山(チンガンサン)へ行った。ここは毛沢東が兵を挙げたときの旧跡地である。このあたりでは、道路沿いの木や竹が見事にへし曲げたれたり折れたりしている情景を目にした。雪は当然消えていたものの、農作物等にも相当大きな雪の被害があったことが伺える。



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 09:03:11 | Trackback(0) | Comments(0)
雪中送援







20080205No(011).jpg

雪害被災者を励ます「雪中送援」は 中央電視台の全国放送で何回も流された。

 

 

20080205No(008).jpg

100人の香港スターたちが歌う。

 

20080205No(014).jpg

見慣れた顔がありますか。


20080205No(015).jpg

ここでも人民解放軍が登場。




 この大寒波は中国の長江以南の限られた地域(と言っても広いが、)を襲ったものだが、香港あたりは関係なかったようだ。
 それで、テレビでは香港のタレント達が100人で雪の被害にあった人々への応援歌「雪中送援」を歌う場面を繰り返し放映していた。


それほど、大きな出来事だったのだ。


 下をクリックすると動画が見られるが、時間がかかるので、クリックしてサイトが出たら、プレーヤーをクリックして再生状態にしたあと、風呂に入るとか、コンビニに買い物に行く(トイレじゃ短い)とかして、時間をつぶしてほしい。とぎれとぎれの再生が一通り終わった後で、もう1回再生するとスムーズに見られるだろう 。

すみません。おせっかいで。
http://blog.cctv.com/detail_1004_36320_1.shtml#article_status



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:50:40 | Trackback(0) | Comments(0)
国の宝








20080207No(015).jpg

温家宝首相自らも救援活動。
四川大地震の時も真っ先に現場に駆けつけておられたが、これは、そのときとは違う。


20080207No(016).jpg

温家宝スマイルで被災者とカメラに収まる。
文字通りかいスマイルは
と、言うより、国の宝、
温国宝。



20080205No(015).jpg

被災地で救援活動をする人民解放軍。これも中国では国の宝。

 


 この寒波で中国の中南部の広範囲で雪の被害が出ていた。


 高圧線が倒れたり、木が倒れたり、野菜が埋もれたりして被害はかなり深刻のようだ。テレビでは温家宝首相があのにこやかな笑顔で被災地を訪問して励ましている様子が伝えられていた。

 雪による被害については日本でも報道され、私も日本から、「温家宝首相が自ら被災地に行って、励ましていたようですが、大丈夫でしたか。」の、お見舞いのメールを いただいた。

 休校になった研修生たちは日本語の勉強が遅れて被害者となったが、私は休みが増えたぐらいで、何ともなかった。



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:34:25 | Trackback(0) | Comments(1)
太陽の暖かさ




20080203No(001).jpg

うっすらとあがってきた太陽だが、これでも随分暖かさを感じる。


 

 私が南昌へ行く前日ぐらいから寒くなり、その寒波は、3週間ぐらい続いた。私の風邪も寒波の期間中続いた。
 そのころ、私を南昌に紹介してくれた神戸さんに電話したら、「あら、また風邪引いていますね。」と、言われた。そういえば、前回、聊城に行ったときも行ったとたんに風邪を引いた。
そして、ガラガラ声で神戸さんに電話をしたことを思い出した。

 長い間の暗い天気の後に、2月に入るとうっすらと太陽の姿を見た。
実際はそれからもまだ、天気のぐずつきは 続くがそれまでの寒さとはずいぶん違っていた。
「なんと太陽の恵みが暖かいものなのか。」、しみじみ感じたものだ。


私の風邪も寒波の終わりとともによくなっていった。



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:41:07 | Trackback(0) | Comments(0)
温家宝???





 


胡錦濤to

胡錦濤は共産党の最高位のポスト主席
中国は共産党独裁で、共産党が政府を指導することになっているので、
主席が首相より偉いと言うことになる。
温家宝首相は胡錦濤に指名されたのだ

 

20080207No(015).jpg

この人はいったいどちらか。四角顔のようなので胡錦濤主席のようだが
見れば見るほど、分からなくなる。でも、額あたりをよく見ていると、
だんだんと、全体が温家宝さんになってくるから不思議である。





 6月13日の温家宝首相が大雪被害の現場にお見舞いに出かけた記事を書いたが、いつも読んでくださっているという方から「記事には温家宝首相とあるが、胡錦濤主席の間違いではないか」という コメントが入った。
私も、実は記事にするときそう思ったのだが、実際にテレビを見たとき、温家宝と言っていたし、そのときには温家宝の顔に見えたのだ。それで、間違いないと思って記事に出していた。と、いっても、その放送は中国語だったので私の中国語の力では不安が残る。

 そのような指摘を受けてネットで、二人が並んでいる写真を探したら 上の写真を見つけた。一般的な印象では温家宝首相は面長で、胡錦濤四角顔だから間違うことはないが、このテレビの画面ではどうも四角顔に近い。

 

 そのほかの部分を見てもなかなかわかりにくい。眉毛はとんがり眉毛と丸みを帯びた 眉毛で少し違うが、これは画面でははっきりしない。も少し違うがこれでも判定できない。はそっくりでこれでは比較できない。口元は、違うが、形はどうにでも変わるのでこの写真では判断できない。

 結局、髪の毛の生え際の違いでしか判定できないような気がする。 胡錦濤はまっすぐだが、温家宝の方はちょっと波打っている。6月13日付の記事の写真では、2枚とも曲線で波打っている。 この年齢だったら、むしろ普通だが、湾入もかなりのものだ。一方、胡錦濤さんの生え際はまっすぐで湾入も見られない。これはこの方の際だった特徴といえる。
これは決定的だ。


 動画であれば、不鮮明でも確認できるが、写真ではなかなか判定できないと言うことが分かった。

 こんな風によく読んでくださって、指摘してくださる方のコメントはありがたい。書いた記事をもう一回かみしめる機会になる。

 



江西省南昌にて | 10:30:12 | Trackback(0) | Comments(0)
お年玉




20080128No(007).jpg

廊下にお年玉の箱が山積みにされる。

 

20080125No(001).jpg

事務室にも運び込まれた



 1月終わり頃になると、会社のあちこちの廊下部屋の隅(と言うより大部分しめて)果物や食料品の箱が山積みにされるようになった。
 「あれはなんですか。」と聞いたら、「会社からのお年玉です。」と、返ってきた。
今年は2月7日が春節、すなわち中国の正月だ。これらは会社の社員にお年玉として配られるそうだ。あらかじめ社員の希望をとってあるそうだ。

 黄先生が「先生にもありますよ、何がいいですか。」という。
私は特別にほしい物はなかったが、「ワインは?」「チョコレートは?」「リンゴは?」と聞かれるので、「いいですね。」「いいですね。」「いいですね。」と、答えていった。
そして、どうせ、毎日使っているものだからと、一つだけ自分からの希望で「米」を頼んだ。(しかし、実際は全然使わなかったので帰国の時、先生にあげることになったが………。)

 1月30日は社員全員による忘年会がある予定だったが、寒波のために中止になった。中国の忘年会はどんなものだろう。しかも、300人の忘年会だ。興味があったが、残念だ。



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

江西省南昌にて | 10:39:10 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。