■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文型

文型

P1110616.jpg
こんなの易しいと思われるかもしれないが、
これをおろそかにするとあとで、大変な目にあう。




 


 8課を例にとって具体的に見てみよう。この課では形容詞が初めて出てくる。

 
「△△は○○です。」という構文はこの教科書の第1課ですでに出ている。ただし○○に入るのは今までは名詞だった。ここでは形容詞が入る

 ただし、形容詞は「大きい」「小さい」など、語尾が「い」で終わるものと「親切だ」「元気だ」のように「だ」で終わるものがあり、これを同時に扱う。

 文型は丸暗記して、いつでもスラスラ言えるようにしておかなければならない。これが基本の基本である。「い」で終わる形容詞と「だ」で終わる形容詞を別々の時間にじっくり教えて徹底したいのだが、そんな時間的余裕はない。

スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 10:16:23 | Trackback(0) | Comments(1)
例文

例文

P1110617.jpg

「い」型と「だ」型では否定の文末が全然違うので、要注意

P1110644.jpg

話題の一貫性が乏しいので覚えにくい。



 
 文型の次、2番目が例文だ。これは質問と答えの形で構成され、これも徹底暗記させて対話練習をさせる。ただ、これは量が多く、質問の文に話題の一貫性が乏しいので覚えさせるのに苦労する。

 教科書では「センターは静かですか。」「タイは今暑いですか。」「その辞書はいいですか。」「日本の食べ物はどうですか。」「木村さんはどんな人ですか。」「ラオさんのかばんはどれですか。」となっている。

 たとえばこれを「センターは静かですか。」「センターは今暑いですか。」「あなたの辞書はどれですか。」「その辞書はいいですか。」「センターの食べ物はどうですか。」「先生はどんな人ですか。」とすれば話題に少しは関連性ができて覚えやすい。もちろんこの課での必要項目はすべて盛り込んでいる。


 とにかくこれらの例文を覚えるかどうかで会話の力の差が大きく分かれてくる。次に取り組むときには覚えやすいように例文を自分で書き換えて指導しようと思っている。


 



聊城(りょうじょう)にて | 10:47:56 | Trackback(0) | Comments(0)
例文の練習

例文の練習



P1080737.jpg

窓側がBさん手前がAさん

P1080745.jpg

Aさんは別のBさんを探し、会話をする



 
 例文は質問と答えの形となっているので、相手を変えて会話の形で練習させる。

 教科書の例文を丸暗記させ、相手を変えて指定されら回数だけ練習させる。会話は1対1で行う。

 相手を変える場合、どちらも動くと統制がとれなくなる。だから、臨時的に全員をAさんとBさんと分け、Bさんは動かないで自分の席に立って待っている。Aさん達だけが相手を変えて動かせる。Aさんは相手を見つけたら、会話を始める。一人が終わったら別のBさんを探す。一方、Bさんは一人のAさんと会話が終わったら別のAさんに分かるように手を挙げて合図する。

 そうして、新しいカップルができて2回目の対話が始まる。始めに3回練習しなさいと指定していたら、3回で止める。止めた人は自分の席に座る。全員が座ったら全員3回ずつ対話が終わったということだ。

 次にAさんとBさんが交代し同じ練習を繰り返す。


 私は会話の状況を見て回り、個別に指導する。大体うまくいかない人は分かるので、そういう人を重点的に指導する。


 





聊城(りょうじょう)にて | 10:53:33 | Trackback(0) | Comments(0)
例文の練習(2)

例文の練習(2)

P1090628.jpg

例文の練習風景 壁側、窓側がBさん

P1090630.jpg

例文のヒント これをちらちら見ながら会話をする。


 




 


 例文が多くて、質問文の関連性が少ないので、覚えにくいと書いたが、その対策のため、黒板にヒントになる単語を書いておく。練習中はこれをチラッと見ながら練習をしていいことにしている。

 でも、これでは完全丸暗記することにはならないので、基本的な解決にはならない。やはり、研修生が完全に覚えることができるようなものにしなければならない。

 黒板に書いた単語のうちパソコンという単語は教科書では「ワープロの使い方が分かりますか。」になっていた。いまどき、ワープロはないでしょう、ということで、パソコンになおして練習させた。


 



聊城(りょうじょう)にて | 08:05:47 | Trackback(0) | Comments(0)
カチンコ

カチンコ

P1110784.jpg

カチンコはこんなイメージだったと思う。
実際は手でたたくのでパチンコ
あれ、何かおかしいぞ。

 




 



 例文会話の練習の始めは、パチンと手をたたいて始める。

 こんな具合だ。
「今から3人の人と会話してください。本番行きますよ。よーい スタート」
こういって両手をたたく。

 それを合図にAさん達が一斉にBさんのところに行って会話を始める。会話の練習は楽しそうだ。出てくる単語は自由に変えて言っていいことにしている。

 映画撮影の時に使うあれは何という道具だろうと思って調べたら、カチンコというのだそうだ。実際にはカットの番号を始めいろいろな情報を下の文字板(たいていは黒板になっているようだ。)のところに書き込み、あとの編集の時の手がかりにするのだそうだ。


 




聊城(りょうじょう)にて | 11:38:22 | Trackback(0) | Comments(1)
「解散!」、パチン!

「解散!」、パチン!

P1040301.jpg

話が終わったあと、「解散!」 パチン! 滄州外経にて


 



カチンコで思い出した。

 中国では団体行動が終わり、解散をするとき、リーダーが「解散!」(だと思う)と言うと、みんな一斉にパチンと手をたたいて、団体行動を止めて、くだけた態勢になる。これはおもしろいと思った。

 滄州外経で研修生が集合しているとき日本語で号令を掛けてみてくださいといわれた。日本語の号令の意味を説明してもらってから、うまくいくだろうかと半信半疑で、「休め!」「気を付け!」「整列!」「右向け右!」などをした。さすが、軍事訓練で鍛えた研修生だ、見事にやってくれた

 そこでこれは教えていなかったが、「それではこれでおわります、解散!」といったら、見事に鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして、何もしなかった

 やっぱりだめか。


 





聊城(りょうじょう)にて | 12:50:21 | Trackback(0) | Comments(1)
会話

会話

P1110786.jpg

8課は研修所の玄関先とロビーの二つの会話で構成されている。


 




 「文型」、「例文」の次は「会話」だ。

 上の写真は第8課の会話の部分である。知り合いの加藤さんが研修中のラオさんを訪ねてくる場面である。

 「お元気です。」「元気です。」「おいしいコーヒー」「難しいですが、おもしろいです。」という形で形容詞が出てくる

 また、場面が2カ所に分かれている。研修センターの玄関先とロビーだ。場所が変わるとやりやすい。会話をするときの現場感があり、気分が変わり、実感がわくので大変よい。

 空いているときには教室を二つ使ったり、廊下を使ったりして、場所を移動して会話をさせる。


 



聊城(りょうじょう)にて | 10:01:12 | Trackback(0) | Comments(0)
会話(2)

会話(2)

P1080720.jpg

人に見られながら会話することも必要






 


 


 


 


 「会話」も、教科書の会話例を丸暗記させ、相手を変えて何回か練習させる。できるだけ場面に合わせて、雰囲気を作る。会話例はストーリーが決まっているので、相手を変えて続けて3回とはいかない。その都度「はい、本番いきますよ。スタート!パチン!」と始める。

 時には代表者にさせて、みんなに見させる。代表でするときはやはり緊張する。


聊城(りょうじょう)にて | 10:57:44 | Trackback(0) | Comments(1)
会話(3)

会話(3)

P1090438.jpg

のどを見ましょう。口を開けてください。

P1090442.jpg

注射を打ちましょう。

 研修生達はまじめに会話練習をする。

 上の写真は風邪を引いたので病院に行って治療してもらっている様子である。自分たちで楽しみながらプレイしている。「大の大人………」と、思うかもしれないがこれが上達の秘訣だ。

 教えている私が驚くぐらい日々の上達が分かる。




 


 



聊城(りょうじょう)にて | 11:26:09 | Trackback(0) | Comments(1)
会話(4)

会話(4)

P1110789.jpg

研修センターにて





 会話例が単純で短いので、教科書の会話例ができるようになったら少し工夫をして、長くする。もちろん既習の構文を使う。

 以下は第8課の例だが、黒い文字の部分が教科書の本文で青い文字の部分が追加したところだ。今回は各課とも思いつきでやったが、これを2段階ぐらいもうけて、会話練習をさせるときっと力が付くはずだ。


教科書の本文
加藤: やあ、ラオさん、しばらくですね。 お元気ですか。
ラオ: はい、元気です。どうぞ こちらへ。
………………………………………………………………
ラオ: コーヒーはいかがですか。
加藤: あ、どうも。いただきます。おいしいコーヒーですね。日本語の  勉強はどうですか。        
               
ラオ: そうですね。難しいですが、 おもしろいです。


改編した会話文
加藤: やあ、ラオさん、しばらくですね。 お元気ですか。
ラオ: はい、元気です。加藤さんは?
加藤: 私も元気です。 毎日、暑いですね。
ラオ: そうですね。 ロビーは涼しいですよ。 どうぞ こちらへ。
加藤: はい、ありがとう。 
………………………………………
ラオ: コーヒーと、紅茶とどちらがいいですか。
加藤: そうですね。コーヒーの方がいいですね。
ラオ: 冷たいのはいかがですか。
加藤: いいですね。
ラオ: どうぞ。
加藤: あ、どうも。いただきます。おいしいコーヒーですね。日本語の勉強はどうですか。
ラオ: そうですね。難しいですが、 おもしろいです。


  





聊城(りょうじょう)にて | 09:21:18 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。