■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これは何ですか(2)

これは何ですか(2)

10月4日からは中国で書いています




 形は違うが中国式の飯盒です。日本式より合理的だと思う。 




 



 これは何ですか?  




   「これは何ですか」を教えたら、研修生からいろいろな物の名前を尋ねられるようになった。しかし、答えにくいものもある。日本には無い物だ。研修生が使っている食器がそうだ。これは鍋としても椀としても使う。軍隊でも使うので、用途としては正しく飯盒だ。ただ、日本のものとは形が違うのですんなり飯盒とは言いがたい。
 先日は昼食に出た主食について聞かれた。昔、十銭焼きとか地域によってはふな焼きとかいうのがあったが、それとも明らかに違う。小麦粉を水に溶いて、薄く伸して油で焼き、折り重ねたものだ。そんなことを李老師(先生)にしたら、「先生が名前を付けてくださいよ。」と、言われた。そこで考えた。


イメージからいえば「雑巾焼き」がぴったりだ。だけど、「それはあんまりですよ」と言われそうだ 


 




 


     お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 

スポンサーサイト


再び滄州へ | 22:16:25 | Trackback(0) | Comments(0)
これは何ですか(3)

これはなんですか(3)


10月4日からは中国で書いています




「これは何ですか」を教えて以来、私も積極的に身近なものを指さして「これは何ですか。」を言うことにしている。食卓でお皿を指さして「これは何ですか」というと、なんとパンツという。それで、ポケットから電子辞書を取り出して日中辞書でパンツを出して、研修生の目の前に差し出すと、大笑い。おかげで、静かであるべき食事の場にざわめきを作ってしまった。





    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 09:19:07 | Trackback(0) | Comments(1)
ジャンケンポン

ジャンケンポン


10月4日からは中国で書いています




ジャンケンの練習




 


 赤いスカーフを獲得したジャンケングランドチャンピオン 




  ジャンケンポンを教えた。
 
中国語のジャンケンポンは「シートー ジャンズ ブー」だそうだ。意味は日本と同じく「石 ハサミ 布」で、手の形もジャンケンポンと同じだ。ただ単に教えてもおもしろくない。そこで、何回かジャンケン勝ち抜き大会をした後、「今までのは練習でした、今からジャンケン大会の本番をします。全員にもれなく賞品があります。チャンピオンにはこれをあげます。」と先日デパートでコートを買ったときにもらった赤いスカーフを見せた。すると、研修生たちの目の色が変わった。指導員の先生も「私も参加させてください」と言った。俄然、教室は熱気に包まれた。そして、学級チャンピオンが決まった。
 ところで、最初に負けた人には中国人がよく食べるひまわりの種を一粒、次に負けた人にはピーナッツ一粒、3番目に次に負けた人にはキャンデー一つ………と次々と全員に豪華賞品(?)をやった。これもまた大爆笑だ。そしてその後、二つのクラスの全員参加の勝ち抜き戦でグランドチャンピオンを決定した。
 




     お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 


 



再び滄州へ | 19:50:06 | Trackback(0) | Comments(0)
ジャンボカルタ大会

ジャンボカルタ大会


10月4日からは中国で書いています





 なかなか見つからない単語カード




 李老師から相談があった。「午後4時から5時までの時間帯で楽しく勉強しながら過ごせないか、場所はどこでもよい。」ということだ。私はかねてから語学学習にカードを利用することに注目しているが、だったらジャンボカルタの手法がいいと思った。ジャンボカルタはカルタ発祥の地とされる我が町大牟田でカルタを拡大してカードを作り、広場などで何かのイベントのときにやっている。
今回は日本語と中国語大型の単語カードを作り、両学級の指導員の先生に中国語単語カードを読み上げてもらい、それに該当する日本語のカードを取ってきてリレーする単純な遊びをした。はじめは枚数が多いのでなかなか見つからない。それで、やきもきしてかえっておもしろいのだ。
珍しいのか、学校中の職員が仕事を放り出して集まってきた。




 
    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  


 


 




 



再び滄州へ | 11:20:12 | Trackback(0) | Comments(0)
フレー フレー ○○○!

「フレー フレー ○○○!」

10月4日からは中国で書いています



フレー フレー 3組





盛り上がった応援団練習









ジャンボカルタ大会にあたって、日本式の応援の仕方を教えた。
「フレー! フレー! ○○○!」と「3 3 7拍子」だ。私がまずお手本を示し、やり始めるとすごく盛り上がった。そして、自然にリーダーが決まった。しかし、一生懸命やっているが、何となく間が抜けた応援団だ。元々、身に付いている別のリズムがあるので一回の練習ぐらいで直るものはない。でも、本番では「フレー フレー」 「ガンバレー ガンバレー」と大声で応援し、大変盛り上がり、楽しいお勉強となった。
指導員の李栄さんは今年8月に日本での研修を終え、帰ってきたばかりだ。同じ会社に50人ぐらいの後輩が残っている。今日、その一人から電話がかかってきたそうだ。そして、11月3日は会社の恒例のソフトボール大会で、今の時間がちょうど試合中だという。研修生も応援に参加するが、「一応教えたけど、電話では大声では話せないし、今にでも飛んでいって日本式応援の仕方を教えてやりたい。」と話していた。




 
    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 20:08:19 | Trackback(0) | Comments(0)
体操

体操


10月4日からは中国で書いています 



 


整然と並んで朝の体操




 



 体操は3種類。そのうちの2つはリズミックなダンスだ




 
 朝6時起床、夜10時就寝まで研修生の生活は極めて規則的だ。その間、8時から朝自習が始まり、20時30分の晩自習が終わるまで決められた学習時間は8時間半である。 1日の日程は全てタイマーによる音楽テープで制御されている。同じ校舎内の日本人寮に住む私も自然に規則的になる。午前中に2回ある体操に後ろの方で参加すればもっといいのだけれど、今から寒くなるので「おそらく続かないだろう。」 と、参加しないことにしている。 





    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 15:21:34 | Trackback(0) | Comments(0)
食事会

食事会


10月4日からは中国で書いています



 




日本からお客さんがあると私たちも歓迎の宴にかり出される。今日は四国の受け入れ組合の副理事長さんが来ていた。夜に食事会があるのかなと思っていたら、午前の授業が終わったらいきなり、今から食事会がありますと言うことだった。昨年までは食事会は外部のホテルであっていたが今年はセンター内に設置された超豪華な食事の間で行われることが多い。いろいろなお客さんがあるので、1週間に1.5回ぐらい食事会があっている勘定だ。日頃、研修生と同じ粗末な食事を食べているので、中国の豪華料理を一層おいしく食べることができる。




    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 14:48:11 | Trackback(0) | Comments(0)
おおらか上田さん

おおらか上田さん


10月4日からは中国で書いています 


 新しい日本語教師上田さんが来た。教師としての経験はあるが、海外での日本語教育は全く初めての新人だ。到着後、とにかく奥さんに「無事に着いた」の一言を伝えたいというので、李老師の携帯を借りて、日本にいる奥さんに用件のみの電話をしてもらうようにした。上田さんが電話中に李老師が横から「愛してます、と言ったら?」と言った。上田さんはそれに応じたのか、「愛してます」と淡々と言った。上田さんはきっと奥さんに毎日「愛してます」と言っているか、もしくはすごく機知に富む人だ。李老師もまた日本語で冗談が言える数少ない中国人である。
ところで、私も妻の小波(おば)さんを心から愛しているのに、「愛してます」と言えないかわいそうな日本人だ。
 上田さんには日本で一度だけ会ったことがある。温厚でまじめな感じの人だ。しかし、こんな面もある。私が滄州に船で来るとき、実習を兼ねて、一緒に見学に来てもらおうと計画した。天津行きの船の切符を買うためにパスポートの写しを送ってもらおうとしたら期限が切れているのに初めて気がついたという。結局は再申請が間に合わずにそのときには来られなかった。「中国へ来る人はそのくらいの太っ腹のおおらかな人がよか(いい)!!!。合格!!!」と不屈の前畑さんと大笑いをした。実際、中国は小さいことを気にする神経質な人には向かない国だ。「おおらか上田さん」が来た以上、今から楽しいこと、おもしろいことがいっぱいありそうだ。


 




 



    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 17:57:39 | Trackback(0) | Comments(0)
乾杯は乾杯

乾杯は乾杯


10月4日分からは中国で書いています 



 左手前の白いグラスが白酒。グラスは極めて小さい。
 




 


  日本では宴会のはじめに乾杯をする。ビールをグラスになみなみとついで「カンパーイ!」とやると実に気分爽快だ。
 中国でもよく乾杯をする。会のはじめにはまず主催者が音頭をとる。宴会の途中、何回もやる。円卓越しに1対1あるいは複数同士でもよくやる。滄州あたりでは酒は白酒(ばいちゅう)が一般的だ。白酒は50度以上あるアルコール度数の高い蒸留酒だ。度数が高いので、白酒のグラスが小さい。それを顔を上向きにしてぐいと一気に飲む。そして、飲みましたとばかり、相手の方にグラスを傾けてグラスの中を見せる。時には周りから拍手が起る。すなわち、中国では乾杯は本当の意味の乾杯なのである。一般的に中国人は酒が強いと言うのが私の印象だ。

 




 



    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 21:08:42 | Trackback(0) | Comments(2)
再び雑巾焼き

再び雑巾焼き
10月4日分からは中国で書いています


 



靴箱や狭いところを拭くのは布きれの雑巾だ。 


 




 


 



中国の掃除はほとんどモップでする。モップをきれいにしないと、ただ、汚れを散らすだけだ。 


 




 


   李老師も人が悪い。昨日の昼は例の「雑巾焼き」だった。研修生たちと一緒に食べている私のところにニヤニヤしながらやってきて、大きな声で「『雑巾焼き』の名前を研修生に教えたらどうですか。」と、言う。研修生には分からなかったけど、やっぱり雑巾焼きはまずい。これが、研修生に伝わり、さらに調理人に伝われば私は毒を盛られるかもしれない。
 
 李老師は先の私のブログを見て、「それはまずい、食べる気がしない、調理員さんたちがおこる。」などとさんざんに
こき下ろした張本人である。
   ※ 「雑巾焼き」は11月1日分、「これは何ですか(2)」を参照


 




 



    お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  





再び滄州へ | 18:18:17 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。