■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
先生

先生



中国人老師、指導員の先生との会議。もちろん、日本語で。




 


滄州外経日本語研修センターには三種類の先生がいる。まずは中国人で日本語検定1級度以上の経験を積んだ先生である。研修の全体を統括している。研修生たちに対しては教材に従って基本的な文法を教えるが、日本の受け入れ組合や会社との連絡調整等、重要な仕事を受け持ち、多忙である。

次が指導員といわれる先生で、日本語検定2級程度以上の実力のある中国人先生だ。各クラスを担当して指導し、文法の指導の後を受けて練習や補充をし、自習時間や寮生活の管理も受け持っている。

次は私たちのように3ヶ月ビザで入り、ボランティア的に日本語会話を教える日本語教師である。これも、文法の指導の後を受けて、日本語の生の会話と日本の文化や、習慣など日本での生活に適応する指導するのが使命である。

中国人の先生たちのほとんどは滄州外経で日本語研修を受けた上、日本で3年間の研修を経て帰ってきた人たちだ。日本から帰ってくるころ、ほとんどの人は日本語がかなり上手になっている。しかし、その中でも特に勉強した人たちは日本語会話2級の資格を取って帰ってくる。そういう人たちの中から更に選ばれて、指導員として採用されるので、滄州外経の先生たちはみんな優秀な先生ばかりである。

これからは混同しないようにそれぞれを中国人老師、指導員の先生、日本人教師と呼ぶことにする。




このブログの中で、 滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。 

 




スポンサーサイト


滄州での体験 | 16:18:57 | Trackback(0) | Comments(0)
先生(2)

先生(2)


中国では先生のことを老師(ラオシ)という。それは知っていたけど、 私がギターを習った先生は大学生ぐらいの若い先生だった。こんなに若い人に老師といってもいいのか、失礼ではないのか、と、これまた私の子供のように若い指導員先生に聞いたとこどんなに若くても老師は老師だ、という。考えてみれば日本語の先生という言葉の使い方も同じである。別に先に生まれていなくても先生は先生なのだ。


中国ではという文字は敬意のこもった意味があるようだ。老王といえば、王さんと、敬意を込めた言い方になる。中国は儒教の国だ。年長者を大事にする。日本では最近老人のことを、高齢者などと言うが、中国人には理解できないことだろう。


そういえば、不屈の前畑さんから、中国で、バスの中で、席を譲られた、という話を聞いていたが、私も、40代の女性から席を譲られた。「私はまだ、元気なんだけど、………」と、とまどったのだが、ここでは素直に受け入れるのが礼儀だろうと思って、金縛りの口を無理にこじ開けて。謝謝といって、座った。


不屈の前畑さんも、まだ、席を譲ってもらえる年齢にはとうてい見えない。日本だったらあと10年たってもそんな場面に出くわすかどうか、分からない。そんな前畑さんが素直に座ったのか、中国語で突っ張って断ったのか、私は聞いていない。




 


このブログの中で、 滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。 

 






滄州での体験 | 17:38:11 | Trackback(0) | Comments(0)
1日の研修日程

1日の研修日程



日本語の勉強を中心に徹底的にたたき込まれる。




私の担当は男子研修生の3クラスだ。各クラスとも30人以下。Aクラス足場組み立て実習のいくつかの組合の混合編成で29人。Bクラスはダイサンという足場組み立ての組合の18人。Cクラスは足場組み立て、鋳造、機械関係などの研修生で、すでに3ヶ月の研修が済んだが十分に成果が上がらなかった者や、日本側との受け入れ時期調整のための期間で、継続研修を受けるものなどの混声の補習クラスで構成人数は刻々と変わる学級である。


AクラスとBクラスは前任の笹原さんがひらがなとカタカナの50音を教えており、いわゆる第1課から始めるクラスである。Cクラスは今までの復習をする。


私の日程は、月曜日から土曜日まで、8時30分から10時までがAまたはBクラス。10時から10時30分までが休憩時間。10時30分から12時までが、逆でBまたはAクラス。12時から13時30分までが昼食を含む休憩時間。13時30分から15時までが、Cクラス、と単純である。


一方、研修生たちは朝、8時の朝自習から始まって、20時30分の晩自習終了まで、日本語の文法(中国人老師)、演習(指導員の先生)、会話(日本人教師)を基本に、足場組み立て実習、集団訓練、中国の音楽、法律等、短期間にたくさん詰め込まれる。


 



 このブログの中で、滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。
  

 



滄州での体験 | 19:47:50 | Trackback(0) | Comments(0)
研修生はどんな人

研修生はどんな人 



声をそろえて、大きな声で




男子の研修生の場合は30歳前後の人が多い。一応経験者を募集するというから、足場組み立ての場合、それに近い仕事をしていた人たちである。ほとんどが、田舎の中学校卒業者で結婚して子供を持っている者が多い。すなわち、一家を支える大黒柱となるべき人であり家族からの期待が大きい。


会社(本社)の前の大きな看板に出国打工(ダーコン)と書いてある。打工とはいわゆる出稼ぎのことであり、日本へお金を稼ぎに行くのである。そのために、滄州外経にたくさんのお金を払うのだが、3年後中国に帰るときにはその数倍のお金を確実に持って帰れるのである。先に、女子の軽作業の場合200万から240万円のお金を持って帰ると書いたが、男子の場合重労働のため更に高額のお金を持って帰ることだと思う。


研修の態度は非常にまじめである。日本では考えられないほど大きな声で、声を合わせてテキストを読んだり、会話をしたりする。また、教師に物を出したり、受け取ったりするときには捧げるように受け渡しするし、廊下ですれ違うときには立ち止まって、大きな声で、挨拶するので、前に進むのに躊躇するぐらいだ。みんな陽気で、家族思いの人たちだ



 このブログの中で、滄州外経の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。なお、日本人教師の募集はこのブログのみで行いますので直接滄州外経には連絡しないでください。質問等については、ブログでコメントをしてください。ブログ記事でお答えします。

 



滄州での体験 | 21:18:55 | Trackback(0) | Comments(0)
3人の先生の連携

3人の先生の連携



滄州外経で使う教科書。日本語版と中国語版



 教科書は海外から日本に来る研修生用に作られたもので、中国語ばかりでなく、いろいろな言語用のものがある。この手の研修所では一般的に使われているものである。


日本へ来る研修生は知的レベルの非常に高いグループから、そうでないグループまで様々である。残念ながら、今から始める研修生そうでないグループであることが予想される。そのほとんどが、中学校を卒業をして、希望する仕事に就けず高所作業に従事しているのだ。仕事は厳しく、とてえも、本を読んだり、語学を勉強したりする時間は持てなかったはずだ。しかし、卒業から15年以上もたっており学問とはずっと離れた生活をしてきた。


しかし、ここで、家族の幸せのために一念発起、日本に行って、お金を稼いで、豊かな生活をしようとする者たちである。大事な家族を置いて日本で働こうという彼らにとって、気持ちだけは満々である。


先に、韓国語を勉強したとき、韓国人の先生から習ったが、あまり上達しなかったと述べたが、ここではその欠点が見事に解消されている。私たち日本人が文法的なことを話しても彼らの知りたいことを適切に教えることはできない。また、中国人が会話を教えても、実践に役立つ会話や細かい表現を身につけさせることができないであろう。ましてや、私たちが演習をさせても無駄であろう。


そこで、滄州外経では立場と能力の違った3人の先生がチームを作り連携し、それぞれの役割をきちんと果たすことによって、総合的な力を引き出せるように工夫してあるのだ。


Aクラスは金老師と張指導員 そして忠野。Bクラスは金老師と竺指導員 そして忠野。 Cクラスは王老師と竺または張指導員 そして忠野。この組み合わせで、やっていくことになった。




 


 お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします


 




 



滄州での体験 | 18:32:43 | Trackback(0) | Comments(0)
教科書

教科書



ちょっと手強い教科書。研修生はこの1冊(中国語版のあるので実際は2冊)を徹底的に覚える。




 上の写真は日本語版教科書の第1課である。2ページに渡って、文型と文例、そして会話例が載っている。更に6ページに渡って、練習問題が載っている。


まず、金老師が別の中国語版の文法解説編で、文法を教えた後、私がこの2ページを中心に徹底的に丸暗記させ、練習問題から抜粋して応用会話をさせる。同時に指導員の先生が練習問題をさせる。


見て分かるように、中学校で初めて英語の教科書を手にしたときよりも、文字の数も多いし、内容も豊富だ。明らかに知的レベルの高い人向きの教科書だと思う。それでも、やらねばならぬ。1課から25課まであるが、1週間に2課ずつ進むと、文字の練習等もあるので3ヶ月で全部はできない。従って、19課までをめどにしている。補習などで残って研修を受ける者は25課まで、全部をやる。


文型のところを転載すると、
  1.わたしは ラオです。
  2.ナロンさんは日本人ではありません。
  3、アリさんは研修生ですか。
  4.りーさんも研修生です。


日本人から見ると、なんでもない文だが、助詞の感覚が全くないのに、「は」と「も」の二つの助詞があり、さらに、肯定と否定の文がある。それに、例文と会話ではさらにいろいろ入ってくる。大変苦労するところだ。特に、慣れるまでの、1課から6課ぐらいまでは大ごとだった。 




 お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします

 






滄州での体験 | 20:10:59 | Trackback(0) | Comments(0)
会話練習(1)

会話練習(1)



できるだけ、多くの会話の機会を




足場組み立ての作業は危険を伴うので、日本語をきちんと教えてください、といわれる。高所で右に行けというところを左に行けば、落下の危険性があり、命の問題だからだ。それで、会話では実際に即して、できるだけ会話する機会を多く取る。


たとえば、こうだ。
    A: いらっしゃいませ。
    B: このかばんはいくらですか。
    A: 3500円です。
    B: じゃ、これをください。
と、例文にあったとする。


 1 まず、私が日本語で言うのを、 中国語で何回か言わせる
 2 次にクラスを二つに分けて、それぞれをAとBとし、向かい合わせて日本語で声を
  を合わせて
言わせる。
 3 そして、向かい合った一人一人に順番に対話させる。
 4 最後に席を離れて、それぞれ別の3人の人と対話させて、戻らせる。


こういう具合にだ。


 そして次はAとBの役割を変わって同じことを繰り返す。そのころは、値段を変えさせたり、
かばんをカメラに変えさせたり
して対話させる。もちろん最終的には教科書は見ないで言えるようにさせる。





   お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  


 





滄州での体験 | 22:11:06 | Trackback(0) | Comments(0)
会話練習(2)

会話練習(2) 



 この赤いかばんはいくらですか?じゃ、この黒いかばんは?




 


教科書を使っている以上、教科書はバイブルである。しかし、会話練習については教科書通りやればいいというものではない。教科書に乗っとって、できるだけ実際の場面に即して、対応させることが必要だ。たとえば、前回の教科書の会話にちょっと味付けをする。


たとえば、
    A: いらっしゃいませ。
    B: このかばんはいくらですか。
    A: 〇〇〇〇円です。

    B: じゃ、このかばんはいくらですか。
    A: 〇〇〇〇円です
    
B:
 じゃ、これをください。


この場合Aの売り手にはあらかじめ二つのかばんに値段を付けさせておく。または、その場で値段を付けさせる。そうして、買い手はどちらが安いかを判断して買わなければならないようにする。



もちろん単なる繰り返し練習は絶対必要だが、判断する場面をつくり、それに対応させる訓練もまた絶対必要だ。




 


   お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします   





滄州での体験 | 00:10:02 | Trackback(0) | Comments(0)
キョロキョロカンニング

キョロキョロカンニング



「カンニングは止めましょう」、「ハーイ」、とはいうものの。



いくら会話が大事だと言っても、書くこともおろそかにしてはいけない
生まれたての赤ちゃんは文字による言葉の習得はできないが、大人が学習するときは大いに活用すべきだ。ただ、文字が主になってはいけない。


毎時間、少しの時間を使って書取のテストをした。教科書と同じ文をこちらが読んでそれを書くわけだが、研修生にとってはそれが、むずかしい。前から見ていると目がキョロキョロ動く。カンニングだ。こちらからは実によく見えるが、本人たちはこちらから見られていることが分からないのだ。ただ、本当に見たかどうかは判定できない。


この程度のカンニングは時代を通して、万国共通だ。私にも経験がないとは言えない。ただ、私の場合、それが成功した憶えもない。だから、この研修生たちもその程度だろうと思い、目くじら建てるほどの者ではないと思っていた。カンニングがあまりにひどいとテストの意味はもない。だから、このテストは自分の勉強の成果を確認するためにするのだから、成績とは直接は関係ないと言っている。


しかし、キョロキョロカンニングはひどくなる一方だったから、最もひどい(へたな)ヤツ見つけて、「君はテストを受ける意味がない。今から、私と一緒に監督をしなさい。テストは0点だ。」といって、監督をさせた。彼は青ざめて、前に立った。そうするとみんなのキョロキョロは一切なくなった。2日目も監督をさせたら、そのあと、班長(クラス長)と一緒に謝りに来たので、許してやった。それからはキョロキョロカンニングは皆無ではないが、かなり減った




 お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 



滄州での体験 | 19:50:54 | Trackback(0) | Comments(0)
怒りの日中連携

怒りの日中連携



まじめに勉強する研修生



 

失敗するようなキョロキョロカンニングは、かわいいもんで、まだ許せるが、悪質なカンニングは許せない。


小テストは文を一字一句間違わないように書いた者を「」、句読点など、ちょっとした間違いを」、それ以外を全部「×」として採点した。問題は分かっているものだから、60%は「〇」で、10%がぐらいが「×」をもらっていた。「×」のなかでも、ほとんどは文をある程度書いていたが、A君だけはほとんど1文も書けなかった。だから、毎日1時間ぐらい夜自習の時間を利用して、部屋に呼んで個別指導をしていた。少しは変化があったとは思うが、依然他の研修生並みには行かなかった。


ところがある日、小テストで、いきなり、「〇」を取ったのだ。それまで、用紙の管理をあまりよくしていなかったので前日余った紙を取っておいてそれに事前に書いて提出したのが、すぐに推測された。それで、次の日はちょっと紙の大きさを変えてテストをしたところ、また、「〇」だった。それで、部屋に呼んで、もう一度同じテストをしてみたら、案の定「×」だった。あっさり白状した。


金老師も据えかねたところがあったと見えて、私が怒っていろいろ言うと、もっと言ってくださいよという目をして、私の言葉を訳してくれる。早口の中国語の中に独特のイントネーションの「タイドゥ」という言葉が何度も聞こえる。これは「態度」に間違いない。私が言っていることに付け加えて、日常の態度の悪さについて付け加えて言っているようだ。怒りの日中連携だ。わたしは、彼のために特別に時間を割いて個別指導をしてきたが、今後一切しないことを伝えた。実際その後成績の悪い方から6人を個別指導したが、一番に該当するはずの彼は除外した。


金老師と話し合ってこのままでは日本へ行けるだけの学力は保証できませんという報告書を社長に上げることにした。


ここでは研修態度が悪いと、家に帰されることがあるという。成績が、悪いだけだったら、補習を受けて、日本へ行く時期が遅れるだけだろうけど、他と条件と重なれば本当に家に帰される。そうなったら、本人にとっても家族にとっても大変なことになる。滄州外経に支払った研修派遣費も戻ってこないはずだ。日本に派遣されてからいろいろな問題が起これば日中双方にとても本人にとっても大変困った問題になる。私は心を鬼にして、報告書を書いた。


ところが、その後、2回ほど、実習をさぼる事件が起きて、とうとう家に帰されるはめになった。しかし、親(保証人)が謝りに来て、なんとか復帰はしたというが。




   お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。


 
またのお越しをお待ちいたします  




 



滄州での体験 | 21:23:11 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。