■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本語教師ボランティアをしてみませんか

中国で日本語教師ボランティアをしてみませんか

忠野小路(ただのおじ)


お願いです
読み終わったら、下をクリックしてください。
「見たぞ!がんばれ!」の清き1票です。
 
またのお越しをお待ちいたします





  このブログの目的  


 定年退職後、第二の人生を積極的に生きようという私の取り組みのはじめとして、中国で日本語教師ボランティアの仕事をしてきました。そこで第一の人生の中でもめったに出会わなかった充実の3ヶ月間を過ごすことができました。多くの皆さんにも体験して頂きたいと思い、このブログを立ち上げました。




日本人教師募集について


 滄州外経(そうしゅうがいけい)では
日本人
教師が不足気味です。



1 条件
  ・ 3ヶ月間の勤務。再度勤務したいときは、帰国した後、再度行けます。
        (短期で、非常に気楽です。)
   ・ 往復旅費およびビザ申請料・保険代は支給されます。
   ・ 勤務は月~土曜日 8:30~15:00
   ・
 滞在中の生活費が支給されます。
      
(中国では十分に生活できる額です。しかし、日本の給料から
言えば
       
わずかですので、ボランティアととらえてください。)


  資格
   ・ 日本の公的な学校(小、中、高校、養護学校等)の定年退職者、
    または退職予定者
         (私立学校等を含む。幼稚園、予備校、専門学校等は除く。)
    ・ 海外でも健康状態を保つことができる方。
   ・ 夫婦での応募も可
   ・ 中国語はできなくてもかまいません


3 応募の仕方
     興味のある方はコメントでお知らせください。非公開
でもいいですが、
    メールアドレスは記入してください。紹介できるかもしれません。


    




 


 充実した日本語教師生活



 足場組み立ての研修生です。大変礼儀正しく、大きな声で読んだり発表したりします。平均30歳ぐらいで大抵子供がいます。 



正月に駅伝大会をしたら、バトンであるリンゴをかじってきたヤツがいました。  



女子食品加工の研修生。20歳から23歳まで。教室にはいつも日本語ができる中国人指導員の先生がいてくれます。指導は日本語でします。 



私の帰国後、女子研修センターの落成式が盛大に行われました。男子研修センターは2006年8月に完成するそうです。まもなくです。 




 


スポンサーサイト


聊城(りょうじょう)にて | 15:11:38 | Trackback(0) | Comments(2)
第二の人生

第二の人生


20060629233456.jpg


 賑わう釜山国際市場




 60歳は還暦。生まれた年 の 干支 に再び還る。すなわち暦の上で0歳から再出発するということだ。


考えてみれば、昔は60歳以上まで生きる人はごくわずかだった。であれば、これからの人生は現代に生まれたもののみが授かった何よりもありがたい贈り物であり、大切にしなければならない。


私は人生を二度生きたといわれる伊能忠敬よろしく、第二の人生を今までと全く違った生き方をしたいと思った。そこで、第二の人生を生きる私の名前を忠野小路(ただのおじ)と決め、ワクワクした気持ちで60歳定年退職の時期を待っていた。忠野の「忠」は伊能忠敬様から勝手に一字頂き、「小路」は忠敬様にあやかり人生の小路をただひたすら歩もうというものだ。


ところで 私は昔から外国で過ごしてみたいという夢をもっていた。新しい人生の出発に当たり、またとないチャンスが訪れる。そのため、私は定年退職を前に、韓国語の勉強を始めていた。私の住む九州からは船で3時間足らずで釜山に着く。ツアーだったら2泊3日で2万円そこそこで行ける韓国。国内でもこんなに手軽に行けるところは限られる。韓国語の勉強もいよいよ楽しくなってきた。そこで、3月末に退職し、8月頃まで韓国語の仕上げの勉強をし、9月頃から韓国に行こうと決めていた。仕事は何だっていい。韓国人に日本語を教えることだったらなんとかできそうだし、釜山の国際市場で日本人観光客相手の客引きのアルバイトをしてもいい、などと考えていた。 
ところが、退職まであと1ヶ月ぐらいになったある日のこと、仕事上の先輩の前畑さんから電話がかかってきた。




  このブログの中で、中国の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。


滄州へ行くまで | 15:49:04 | Trackback(0) | Comments(1)
不屈の男 前畑さん

不屈の男、前畑さん


講演する原辰徳監督


講演する原辰徳監督


 




 


退職を間近に控えて、前畑さんから電話がかかってきた。前畑さんは私と同じ仕事をしていた先輩で、私より数年早く定年退職している。在職中、同じ会合に出る機会や一緒に飲む機会は多かったが、同じ職場で勤めたことはなかったし、特に親しいという間柄でもなかった。


しかし、彼については強い印象が残っていた。退職の3年前、彼は脳梗塞で倒れた。はじめは半身麻痺で職場再起を危ぶまれていた。しかし、みごと立ちなおって復帰したのだ。まだ、口元に少ししびれが残る状態ではあったが、初めて会議に出て来たときには本当に自分のことのように、うれしく思ったものだ。


後日談ではあるが、ちょうどそのころ、仕事関係で記念式典をする計画があり、その一環として巨人軍監督の原辰徳氏の講演会を開くことを決めていたのだ。職場の責任者である彼はテレビでしか見たことのない原辰徳氏を自ら宮崎のキャンプ地に訪れ、講演を依頼した。彼が倒れたのはうまい具合にその交渉が成立し、その準備が進んでいる最中の出来事だった。式典の時までにはぜひ治りたいという気持ちが快復を早めたのだという。もちろんその式典は大成功に終わった。この執念、それだけでも大したものだと思っていたが、話題はまだある。


彼は中国に生まれ、8歳まで中国で育った。引き揚げ港へ行く途中、錦州という町で迷子になったという。混雑の中で30分間ほどではあったが、完全に親の手を離れてしまった。無事に再会できたからよかったものの、ちょっと間違っていれば残留孤児として中国をさまよっていただろう、という。今も、当時住んでいた中国の街の様子を覚えているそうだ。それだけに中国を第2のふるさととしてこよなく愛している。彼が中国の歴史、地理、文学に詳しいのはそのためであろう。彼はまた、中国人もびっくりの書道家であり、囲碁についても達人である。


私たちの仕事関係では退職する前に後輩たちに向かってスピーチをするのを恒例としている。彼はその時に退職後実現したい夢について話した。それは中国で日本語教師になるということであった。私も密かに韓国へ行きたいと思い、準備を始めていたのだが、一度脳梗塞で倒れた人が、明るい希望を持って夢を実現させようという姿に、力づけられたものだった。しかし、残念なことに彼は健康上の理由で書類審査ではねられてしまい、実現できなかったのだ。現実は厳しかった。


ところが、1年以上経ったある日、彼は上海で日本語教師をしているという噂を聞いた。信じられないようなことだが、健康上の問題を解決し、1年前の同じ審査に見事合格することができたのである。そして一度上海で日本語教師を経験したあとは、中国政府労働局の担当者と直接交渉するるようになった。そして、中国各地で何度も日本語教師をし、今や日本語教師のベテランとして活躍している。私は更に彼の強い意志と実行力に恐れ入った。


ところで、私自信の退職前のスピーチでは「今までの古い上着を脱ぎ捨てて、忠野小路(ただのおじ)と名前を変えて新たな人生を歩きます。」と宣言した。「その手始めに9月頃から韓国に住む予定だ。」とも言った。また、「不屈の男、前畑さんのように第二の人生を主体的に力強く生きたい。」と言ったことも憶えている。


不屈の男,前畑さんから突然の電話があったのは、たしか、2月の下旬のことだった。




このブログの中で、中国の日本語研修センターで中国人研修生に日本語を教えるボランティアを募集します。募集の要項等は順次公開していきますので、興味のある方は毎日チェックしておいてください。


  



滄州へ行くまで | 16:12:54 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。