■プロフィール

tadanooji

Author:tadanooji
忠野小路(ただのおじ);


会社ごっこ、先生ごっこ、政治ごっこ……。
「ごっこ遊び」が終わったら、誰だって [ただのおじさん」。
古い上着を脱ぎ捨てて、自分で歩こう第二の人生。
大きなことはできないけれど、世界のどこかを明るくしたり、ちょっぴり人を元気にしたり………。
そんなことができたらいいなあ。

ただのおじさんが好きな言葉……「思い立つ日が吉日」 「千里の道も一歩から」 「枯れ木も山のにぎわい」
 
まずは、中国で日本語教育ボランティア体験からどうぞ。


>☆お願いです☆
このブログを読み終わったら、下をクリックしてください。「見たぞ!がんばれ!」の清き一票です。


 

タイムブログランキング



このブログに時々登場する人
不屈の前畑さん
私に日本語教師の世界を紹介してくれた人。2006年6月30日の記事参照
小波さん
姓名は忠野小波(ただのおば)
我的愛人(あくまでも中国語)





■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
泰安へ

泰安の位置     

泰安は山東半島の青島から入るのが便利 

泰廟と泰山

泰廟の前からは泰山が真正面

 

私の中国における5回目の赴任地、そして4カ所目の街となったのは泰安だ。季節もよくなる3月27日に赴任した。


泰安には青島から入るのが便利だ。中国は結構外高速道が発達しており、3時間半ほどで、泰安に着く。幸い、九州からは毎日1本の便が出ている。


泰安は秦の始皇帝を始め、秦民の歴代の皇帝が 即位するときに、泰安にある泰廟で即位の式を行い、その北にそびえる泰山統治を神に誓い全国に宣言したという 由緒ある街である。

スポンサーサイト


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

泰安にて | 22:00:58 | Trackback(0) | Comments(0)
対面

2009-03-30No(004)_20090407072844.jpg

緊張の面もちの研修生達


赴任日が土曜日であったため、まずは対面だけすることになった。教室には15人の若者がいて、緊張した面持ちで私を待っていた。10日ばかり前に入所して練習していた自己紹介で私を迎えてくれた。

 

職種は機械加工、食品加工、板金等いろいろで、年齢は平均で20歳ぐらい。文法も何も分からない中で、決まり切ったパターンに当てはめた自己紹介であるが、たどたどしい中でのその一途さが、伝わってくる。

そこには、いつもの希望に満ちた中国人若者の顔があった。
私はこの顔に惹かれ、中国に日本語を教えに来ようというエネルギーになるのである。

 

ところが、15人の研修生のうちの一人は4~5日後には家に帰された
この研修生に対する研修が中止になったのである。
アメリカを発端とする景気の悪化が日本では派遣雇用者やはたまた正規雇用者の 解雇問題にまで、発展しているが、さらにその下で彼らを支える中国人研修生達の派遣にも深い影を落としているようだ。



泰安にて | 07:43:38 | Trackback(0) | Comments(0)
自己紹介

20090406No(039).jpg

私はです。張高明です。」  「ダメ!



 急に話があったので、私にはすでに予定が入っており、遅れて赴任することになった。すでに研修生は1週間ほど前からセンターに入り、勉強を始めていた。
ひらがなカタカナはすでに習い、第1課もすでに習い始めている。

 文法事項はまだほとんどダメだが、すでに、パターンにはめ込んだ自己紹介はできる。

 当たり前のことだが、自己紹介では自分の名前を言う。
ところが、中国人が言うと、その名前が、普通、日本人には聞き取れない。だから、私は私とコンビを組む中国人徳先生と相談して 自分の名前の言い方を決めた。つまり、中国でよく使う方式で自分の名前を言うようにしたのだ。



 中国語ではよく我姓張。叫張高明。」のように言う。


 これは、「私はです。張高明と、いいます。」とでも言う意味である。すなわち、姓と姓名を繰り返して言うやり方である。

 名前が分からないと「えっ。」と聞き返さなければならない。これは、相手にとってはあんまり気持ちがいいものではない。そればかりか、そうでなくても、ドキドキしている研修生にとっては、さらにドギマギする結果になる。

 

 だから私はです。張高明ですのように言わせるのだ。


 私は中国式の言い方で、繰り返し言い、ほとんど日本人と変わらないぐらいにはっきり言えるように訓練する。これは訓練意外に何ものでもない。その訓練は毎時間、1回ずつ言わせて、合格すれば座らせる。 「ダメ!」といわれた者はもう1回まわってきた時にまた言う。


 初めのうちはほとんどうまく言えないので、時間がかかるが、そのうち、だんだん言えるようになる。完全に言えるようになったら、もう言わせないが、大体言えるようになるには10日ぐらいかかる。しかし、全員がきちんと言えるようになるのには1ヶ月ぐらいかかる


 つまらないことに時間をかけるようだが、これが全体の発音指導にじわじわと効いてくるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

泰安にて | 19:59:11 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。